読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「史上最大の侵略 後編」 『ウルトラセブン』制作第49話

ウルトラセブン

「史上最大の侵略 後編」

ウルトラセブン』制作第49話

1968年9月8日放送(放映第49話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

幽霊怪人 ゴース星人

身長 2m

体重 70kg

熊ヶ岳の地底に侵略基地を作っていた。地底ミサイルで世界主要都市を攻撃し、降伏しなければ30億全人類皆殺しと言う史上最大の侵略を展開する。しかし、地球防衛軍に侵略基地を見付けられてマグマライザーの自爆攻撃で全滅した。

 

双頭怪獣 パンドン(改造)

身長 40m

体重 1万7千t

前回切断された左手と右足を機械化した。アイスラッガーを受け止めて逆に投げ返すが、ウルトラ念力で再び反転され、首を切られて敗れる。

 

セブン上司

今度こそ本当に死んでしまうとダンに変身しないよう説得するが無駄だった。

 

物語

検査で正体がバレる事を恐れたダン地球防衛軍から逃げ出してしまう。一方、ゴース星人は史上最大の侵略を展開。地球最大の危機にダンは…!?

 

感想

まさに総決算と言った感じの第1期ウルトラシリーズ最終回。

 

ゴース星人の攻撃を受ける地球防衛軍基地。やはり最終回は基地が危機に陥らねば盛り上がらない。

 

降伏するなら死んだ方がマシと特攻をしかねないフルハシ隊員達をなだめ、偽の対策会議を開いて時間を稼ぐとヤマオカ長官とマナベ、タケナカ両参謀が要所要所を締めていた。『ウルトラセブン』は他のシリーズと違って上層部の人間を上手く使っている。

 

アキオ少年の作戦本部にはなんとテレビまである。凄い!

ウルトラセブン』の漫画があるが、どんな内容か気になる。(ダンが変身する内容ではないと思うので)

 

クラタ隊長に向かってダンの事を弁明し、普段は自分の事を怒鳴ってばかりいるアマギ隊員を助けようとしたソガ隊員。ダンは悩む部分が多いので、意外とソガ隊員の方が正統派ヒーローの位置にいたような気がする。

 

あまりにも有名なダンの告白シーン。

ウルトラマン』でハヤタ隊員の正体がバレる事は無かった。(イデ隊員が気付いていた可能性はあるが劇中では明言されていない) もっとも、最初から地球人であるハヤタ隊員では正体を明かしても今回のような展開にはならなかっただろうが。

 

「地球人であろうと、宇宙人であろうと、ダンダンに変わりないじゃない。たとえウルトラセブンでも…」がダンの告白に対するアンヌ隊員の答え。

前回の話の感想で自分は「ダンは心は地球人でも体は宇宙人」と書いたが、それを今回の話では「たとえ体は宇宙人でも心は既に地球人だ」と逆転させている。最終決戦、ウルトラ警備隊は宇宙人ウルトラセブンではなく地球人ダンと呼び続けた。

 

「西の空に明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙へ飛んで行く…」。

明けの明星は東の空に出ると言う突っ込みがあるが、西を東京から見た沖縄と考えれば理解できる。因みに脚本では「一番星の出る頃、西の空を見てくれ、大きな光が宇宙に帰って行く。それが、私だ…」となっていた。

 

アンヌ隊員からウルトラセブンの正体がダンだったと聞かされたウルトラ警備隊ダンと共に戦う。『ウルトラマン』最終回でウルトラマンは1人で戦ってゼットンに敗れた。(科特隊はウルトラマンが戦っているのを見ていただけだった) 今回は『ウルトラマン』最終回で出来なかった事をしたと言える。

 

パンドンとの最終決戦は文句無く『ウルトラセブン』中最高のバトル。シューマンの『ピアノ協奏曲イ短調』が盛り上がる盛り上がる!

 

「もしダンが死んだのなら、ダンを殺したのは俺達地球人だ…」とはソガ隊員の言葉。地球人が知らず知らずのうちにダンウルトラセブンに頼ってしまい、ダンを過労で死なせてしまった。

穿ち過ぎだろうけれど、この言葉は当時の金城さんの状態も表しているように感じてしまう。

ところで後に『平成セブン』や『ULTRASEVEN X』が作られ、ウルトラセブンの息子ウルトラマンゼロも登場したが、一方でダン役の森次さんは「もうダンと別れたい」と漏らしていた時期もある。今も地球人はダンウルトラセブンに頼ってしまっていると言える。

 

本作以降、満田監督はウルトラシリーズの監督を殆ど担当していない。唯一単独クレジットされた『ウルトラマン80』の最終回は過労で倒れかけたウルトラマン80に代わって地球人が戦うと言う本作と対になる展開だった。