読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「あなたはだぁれ?」 『ウルトラセブン』制作第47話

ウルトラセブン

「あなたはだぁれ?」

ウルトラセブン』制作第47話

1968年8月25日放送(放映第47話)

脚本 上原正三

監督 安藤達己

特殊技術 的場徹

 

集団宇宙人 フック星人

身長 180cm~40m

体重 65kg~1万t

ホログラフィと集団催眠を使って団地を住民ごと入れ替え、密かに地球侵略の準備を進めていた。手から硬直ガスを吐く他、幻覚等も使う。メチャクチャ身軽。夜行性なので光に弱く、ウルトラセブンは全身を発光させた後、ワイドショットで倒した。

名前の由来は「フクロウ」?

 

物語

サラリーマンの佐藤がある夜遅く帰ると、妻も子供も近所の住民も皆、佐藤の事を知らないと言う。何がなんだかサッパリ分からない佐藤。その背後に…。

 

感想

予算の都合で余計な装飾が無くなったのが逆に作品の雰囲気を高めた話。『ウルトラセブン』には無機質な夜がよく似合う。

 

「本当に自分の奥さんと言い切れる?」と警官に言われて断言できなかった佐藤。

普段は何の疑問も持たなかった事を改めて突っ込まれると何も答えられなくなる。結構怖い場面。

 

またもや通報を真に受けないフルハシ隊員。キリヤマ隊長に何回言われたら意識が変わるのだ?

 

結局はダンと一緒に張り込む事になるフルハシ隊員。それにしてもウルトラ警備隊は変装&張り込み好きだな。そして最近のウルトラ警備隊は実に色々な小道具を使っている。スパイ組織も真っ青だ。

 

自分は最初にこの話を見た時は昼と夜とで団地の住民と宇宙人が入れ替わっているとは分からず、ダン達が昼間に聞き込みに来た時は皆シラを切っていると思った。

 

襲われたとは言え、またもや人を撃つダン。結局、今回も宇宙人だったけれど…。

今回もウルトラガンを使わなかったが、これも予算の都合だろうか?(光線の合成はお金がかかる)

 

今回のダンは超能力を使いまくり。フルハシ隊員は変に思わなかったのだろうか? ただ勘が鋭いとしか思わなかったのかな?

 

ガッツ星人ウルトラセブンと戦った時は2人だったのか分身だったのか定かではなかったが今回のフック星人は完全に複数で戦っている。つまり今回はウルトラシリーズ初のハンディキャップ戦となる。『帰ってきたウルトラマン』以前にもあったとは意外。

 

ところで最後のウルトラホークはなぜ踊る?

 

本作は助監督だった安藤達己さんのデビュー作。(そして唯一の監督作品)

また、上原さんの『ウルトラセブン』最終作でもある。上原さんは『ウルトラセブン』では監督やプロデューサーの要望に応えて脚本を書いていた感じがするので、その特性が十二分に発揮されるのは、やはり次作『帰ってきたウルトラマン』になるだろう。

最後に本作が『ウルトラQ』から参加していた的場監督のウルトラシリーズ最終作。的場監督は後に第二次怪獣ブームの先駆けとなった『宇宙猿人ゴリ』の企画に携わっている。