読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「どきどき動物ランド」 『動物戦隊ジュウオウジャー』第1話

動物戦隊ジュウオウジャー

「どきどき動物ランド」

動物戦隊ジュウオウジャー』第1話

2016年2月14日放送

脚本 香村純子

監督 柴崎貴行

ジャグド 登場

 

スーパー戦隊シリーズ第40作目記念戦隊。

35作目の『海賊戦隊ゴーカイジャー』は歴代戦隊登場があったが、『ジュウオウジャー』は今のところはそう言った客演は無さそう。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のように動物モチーフの戦隊の客演はありそうな感じだが、雰囲気的には30作目の『轟轟戦隊ボウケンジャー』に近い感じになるのかな?

 

今回は人間であるレッド1人とジューマンである他4人と言う構成。初期メンバーの所属が違うと言うのは久し振り。『侍戦隊シンケンジャー』の殿であるレッドと家臣である他4人以来かな?(本作の構図と最も近いのは『未来戦隊タイムレンジャー』の現代人1人と未来人4人だろうけれど)

 

現実の地球の中での話だと人間と動物の間には大きな壁があるのだが、本作ではジューマンと言う動物人間を出し、さらに宇宙から来たデスガリアンから見れば人間も動物も同じ「地球と言う星にいる狩りのターゲット」とする事で人間と動物の間にある壁を取り除いている。

 

ジューマン4人は海の鮫に陸のライオンと象と虎でバランスが悪いなと思っていたら、劇中でも一般兵士のメーバが空から攻撃すると太刀打ちできないとなっていた。そこに鷲の力を持った大和を参戦させる事で素人で事情を知らない大和を活躍させる事が出来ている。

 

話を聞くにジューマン4人もジュウオウジャーについて話は知っているが実際に変身して戦った事は無さそうなので、実はアイテムを駆使してサクサク戦っているのはおかしい。でもここは大和視点で見ると「ジューマン4人は大和の知らない情報を持っているので、ジュウオウジャーの力も説明無しに使えてもおかしくない」と言う感じになるので上手く誤魔化している。

 

制作発表の時に話題を呼んだ胸の動物プリントは実際にTVで見ると意外と気にならなかった。

 

ちょっと気になったのが、リンクキューブが破壊されたのでジューマン4人はジューランドに帰られなくなったと言う話なのにジュウオウキューブが登場するバンクシーンでバックにジューランドを出してしまっている事。これではメカに乗ればジューランドに帰られるのではと思えるのだが、その辺りはどうするんだろう?

 

大和は謎の鳥男からジュウオウチェンジャーを授けられていた。これが小林靖子さんの脚本だと「実は鳥男こそが真のジュウオウイーグルだった!」で終盤では大和からジュウオウチェンジャーを返してもらって鳥男がジュウオウイーグルに変身する展開がありそう。(でも、ま、人間である大和が鷲の力を使えたのは鳥男が関わっているのは確かだろうな)

 

第1話で基本ギミックの紹介は終えられた感じ。次回からは本格的にドラマが始まると思うので、そこで香村さんがどのようなドラマを展開するか楽しみ。