読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「第四惑星の悪夢」 『ウルトラセブン』制作第43話

ウルトラセブン

「第四惑星の悪夢」

ウルトラセブン』制作第43話

1968年7月28日放送(放映第43話)

脚本 川崎高・上原正三

監督 実相寺昭雄

特殊技術 高野宏一

 

第四惑星人

今から2000年前に作り出したロボットに取って代わられてしまった。現在はロボットが支配階級で人間は支配されている。500年後に人間が絶滅してしまう為、ロボットは地球を植民地にしようと計画する。ダンとソガ隊員が乗ったスコーピオン号を捕らえるが、ウルトラセブンに宇宙攻撃機を破壊されてしまった。他のウルトラ警備隊ダンとソガ隊員が見た夢の産物だと考えるが…。

 

物語

ダンとソガ隊員を乗せたスコーピオン号は全てがコンピューター制御されていたが、軌道を外れて第四惑星に着陸してしまう。そこはロボットが人間を支配している星だった。

 

感想

予算の都合による着ぐるみが出ない話第3弾。しかし、着ぐるみがあまり出ない方が実相寺監督作品らしいかも。

 

当時ヒットした『猿の惑星』のような地球の未来を暗示させる話。無人の街、ポツンと置いてある電話、ロボット長官の部屋、4つの月等、異世界を作り出すのに必要なのはイマジネーションだと気付かせてくれる。

 

13日の金曜日に続き、今度は占星術を気にするソガ隊員。なぜ「明日を捜せ」では水晶占いを信じなかったのだろう? 星関係しか興味が無いのだろうか。

 

コンピューターはいつも冷静だと言っておきながら、入れられたコーヒーを「ぬるい! 砂糖も多い!」と怒るロボット長官。矛盾しているぞ。

 

ロボット警察署長は口の中のアメ玉の音が凄く気になる。

 

今回は敵の怪獣が出ないかわりにウルトラセブンが街を壊す壊す。

 

今回登場したロボットは完璧な存在と言うより心を失った人間と言った方が近い。どんなに科学が発展しても人間の心が無ければ幸せにはなれないと言う事だろう。

 

全てはダンとソガ隊員が見た夢だったのか、それとも…。