読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「水中からの挑戦」 『ウルトラセブン』制作第42話

ウルトラセブン

「水中からの挑戦」

ウルトラセブン』制作第42話

1968年7月14日放送(放映第41話)

脚本 若槻文三

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

水棲怪人 テペト星人

身長 180cm

体重 55kg

宇宙船で伊集湖にやって来た。その見た目から河童と間違えられてしまう。目的は地球の生物の採集と思われる。テペトを操るが、ウルトラ警備隊に倒されてしまう。

テペト共々劇中では未呼称だった。

 

カッパ怪獣 テペト

身長 38m

体重 8千t

巨大な球体を破って出現。河童に似ている。頭の皿から光線を出す。アイスラッガーで真っ二つにされた。

こちらも一般公募されたデザインで当初は回転サイボーグのデイクロス・レイザと言う怪獣だった。(こっちの方が格好良い…)

 

物語

伊集湖に河童が出現したと言う噂を聞いて河童倶楽部の面々がやって来た。しかし、河童の正体は…。

 

感想

なんだか第2期ウルトラシリーズの怪奇シリーズみたいな話。妖怪関係の話は好きなので、この話も結構好き。ただし『ウルトラセブン』の中では異色作である事は確か。『ウルトラマンT』なら違和感は無かっただろう。おそらく北島隊員がキュウリを餌に河童を釣ろうとするのだろうなぁ。

 

今回もウルトラ警備隊はウルトラガンを使わない。最近使わない事が多いがどうしてだろう?

 

謝る振りをするテペト。そしてまたまた引っ掛かってしまうウルトラセブン。バド星人やプラチク星人の時の反省が全然生かされていない。

 

事件が終わり、再び河童について話す河童倶楽部の面々。誰か、死んだタケムラさんの事を気にしてよ…。

 

本作は若槻さんの『ウルトラセブン』最終作。若槻さんの「ダーク・ゾーン」と「超兵器R1号」が『ウルトラセブン』にもたらした功績は大きい。