読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ノンマルトの使者」 『ウルトラセブン』制作第41話

ウルトラセブン

「ノンマルトの使者

ウルトラセブン』制作第41話

1968年7月21日放送(放映第42話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

地球原人 ノンマルト

身長 170cm

体重 70kg

真市によると、遥か以前から地球に住んでいた先住民族で今の地球人に海に追いやられてしまったらしい。今の地球人が海にまで活動範囲を広げ始めたので警告と報復を兼ねてガイロスと原潜グローリア号を差し向ける。真市を救出する際に光線銃を使用している。ハイドランチャーの攻撃で海底都市ごと全滅した。本当に地球の先住民族だったかは謎だがM78星雲では地球の事を「ノンマルト」と呼ぶらしい。

名前の由来はローマ神話の戦いの神「マルス」に否定の意味の「ノン」を付けて。

 

蛸怪獣 ガイロス

身長 30m

体重 1万t

ノンマルトが差し向けた怪獣だが、ウルトラ警備隊はガイロスがノンマルトだと一度は誤解した。アイスラッガーで倒される。

一般公募されたアイデアで当初は全身目玉のガイロス星人と言う宇宙人だった。(全然違ってしまっている)

 

物語

海にこれ以上入り込んだらノンマルトが怒るよと警告する謎の少年・真市。ダンとアンヌ隊員は真市を探すが…。

 

感想

ウルトラQ』の「あけてくれ!」、『ウルトラマン』の「故郷は地球」、『帰ってきたウルトラマン』の「怪獣使いと少年」等々、各作品を語る際に必ず避けては通れない話がある。そして『ウルトラセブン』の場合は当然本作となる。

 

ウルトラセブンは何の為に戦っているのか? おそらく「侵略者の魔の手から地球の平和を守る」であろう。しかし、今の地球人が実は侵略者だったら? ウルトラセブンは戦う理由を失ってしまう。

 

ここで重要なのはアンヌ隊員が語った「私は地球人だから地球人の味方よ」と言う言葉である。宇宙人ウルトラセブンの立場からすれば、今回はノンマルトに味方するか、関わらないか、あるいは両者を調停するかしなければならない。しかし、地球人ダンとすれば、理由はどうあれ同じ地球人を見捨てる事は出来ない。だから戦ったのだ。

 

今回、ダンは侵略者の加担をしてしまったと言える。しかし、同じ罪を犯した事で、ダンは地球人に仲間入り出来たとも考えられる。(かなり後ろ向きな考え方だけど…)

 

金城作品によく見られるメッセンジャーの真市。海が舞台なら少年より少女の方が合っている気がするが、真市を金城さんのもう1人の自分と考えれば納得が行く。

 

宇宙人の侵略基地かもしれないと海底都市を爆破するキリヤマ隊長。一方のノンマルトも真市を使って警告を発するだけだった。両者とも相手の事を信用せず、恐れ、ただ自衛の為の攻撃をするだけ。今回の悲劇の原因は両者が相手とのコミュニケーションをとろうとしなかった事だ。

 

アンヌ隊員と2人きりで海に行くダン。デート以外のなにものでもない。キリヤマ隊長も知っている事から2人の仲はもはや公認なのだろうか。

 

ダンとアンヌ隊員が学校に聞き込みに行った時、ポインターに子供達が群がるシーンがなんか好き。

 

ガイロスとウルトラ警備隊の戦闘シーンは『ウルトラマン』の「ウルトラ作戦第一号」を思い出す。

ノンマルト(本当はガイロス)を倒した事を報道班を通じて、TV、新聞、ラジオに知らせようとするウルトラ警備隊。ちゃんと情報公開していたんだ。

 

ノンマルトが本当に地球の先住民族だったのか、今の地球人は本当は侵略者だったのか、全ては謎のまま終わってしまった。

真実とは多分に恐ろしさを含んでいるもの。恐ろしさのあまり、人間は真実から目を背け、真実を目の前から消し去り、代わりに自分に都合の良い真実を作り出してしまう。今回のキリヤマ隊長のように…。

 

今更言うまでもなく、本作は金城さんにとっての沖縄問題が込められていると言われている。こういうテーマを込める事を出来るのがウルトラシリーズの良い部分だと思う。(テーマがあまり無い娯楽作品ももちろん好きだけど)