読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「勇気ある戦い」 『ウルトラセブン』制作第40話

ウルトラセブン

「勇気ある戦い」

ウルトラセブン』制作第40話

1968年6月23日放送(放映第38話)

脚本 佐々木守

監督 飯島敏宏

特殊技術 高野宏一

 

強奪宇宙人 バンダ星人

自分の星の物資を使い果たしたので資源を求めて地球にやって来た。宇宙ステージョンのみの登場。ひょっとしたら、宇宙ステーションもクレージーゴンも自動操縦でバンダ星人自身は地球に来ていなかったのかもしれない。宇宙ステーションはスペリウム爆弾によって爆破された。

名前の由来は「パンダ」から。(関係無いじゃん)

 

ロボット怪獣 クレージーゴン

身長 42m

体重 3万t

交通ニュースで渋滞している地点を調べ、霧を発生させて車を襲っていた。宇宙ステーションが破壊された後も活動し続ける。額部分から光線を撃つ。エメリウム光線アイスラッガーも効かない強敵だったが、ミクロ化したウルトラセブンの体当たり攻撃を受けて倒された。

名前の由来はクレイジー(狂った)から。劇中では単に「ロボット」と呼ばれ続けた。

 

物語

心臓病の手術を控えたオサムに会いに向かうダン。一方、霧の中で車が消失する事件が起こる。

 

感想

特撮部分が充実しているのに比べて本編部分が弱いのが気にかかる話。

因みにアンヌ隊員の知り合いが事件に巻き込まれる第4弾。

 

心臓病の手術を控えたオサムはダンが来なければ手術は受けないと駄々をこねる。しかし、ダンは宇宙人のロボットと戦っているので来られないのは当たり前。ダンがいなければ犠牲者が増えてしまう。オサムの恐怖は分かるが、ただのワガママにしか見えなかったのは残念。同じ題材なら『ウルトラマン80』の「少年が作ってしまった怪獣」の方が少年の心理描写は上手かった。

 

ダンが来られなくてオサムはふてくされるが何故そこまでダンに拘るかも説明不足。似た展開だった『ウルトラマンレオ』の「泣くな! おまえは男の子」では、おおとりゲンは梅田トオルの父親代わりになると言っていたし、二人の関係はおおとりゲンとMACの関係より長かったので、おおとりゲンがMACの任務を優先させた事に梅田トオルがふてくされるのは分かるのだが…。

 

人間の科学を信じようとダンはオサムを説得するが、劇中ではオサムにとっての科学(手術)は終始怖いものとして表されていた。

ダンは約束通りに来るが、オサムがその事に気付いたのは手術の後。出来れば手術の前にオサムはダンが来た事を知り、ダンが必死に宇宙人のロボットと戦っている事や科学(手術の先生)を信じる事に気付いてほしかった。

ウルトラセブンウルトラ警備隊の武器(科学)と力を合わせて敵を倒したから良かったが、オサムの描き方が不十分だったのが気にかかる。(オサムは勇気を出していないように見える) ここは子供を主役に据えた第2期ウルトラシリーズの方が上手い。

 

バンダ星人の事をうっかり口にしてしまうダン。細かいところだが、ダンはハヤタ隊員と違ってウルトラセブンの記憶を持っている。

 

クレージーゴンを攻撃するアンヌ隊員。何故かウルトラガンではない。どうして?

 

怪我の手当ての為に病院に来たとオサムに思われたくないと言うダン。しかし、ラストでは車椅子に乗るほどの怪我だったので素直に治療するべきだったと思う。第一、オサムを傷付けたくないから自分の怪我を放っておくと言うのは優しさを勘違いしている。

 

今回、戦闘シーンは見応えあり。

ウルトラセブンが1話に2回登場するのは「ウルトラ警備隊西へ 後編」以来となる。

本編部分はかなり不満が残るが、最後のクレージーゴンの残骸は格好良かった。

 

本作は佐々木さんと飯島監督の『ウルトラセブン』最終作。飯島監督作品はやはり戦闘シーンが面白い。飯島監督は『帰ってきたウルトラマン』で脚本を書いているが、監督作品は2001年の『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』まで無かったりする。