読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「セブン暗殺計画 後編」 『ウルトラセブン』制作第39話

ウルトラセブン

「セブン暗殺計画 後編」

ウルトラセブン』制作第39話

1968年7月7日放送(放映第40話)

脚本 藤川桂介

監督 飯島敏宏

特殊技術 高野宏一

 

分身宇宙人 ガッツ星人

身長 2m

体重 200kg

ウルトラセブンを夜明けと共に処刑すると宣告。ウルトラセブン復活の鍵を握るナツコを執拗に狙うが、復活したウルトラセブンのウルトラノックで宇宙船ごと倒された。

 

物語

ウルトラセブンを復活させるのに必要なマグネリウムエネルギー。その生成にはダイモード鉱石が必要だった。

 

感想

細かい事だが、今回の話で前篇と後編の「へん」の漢字が違うのは何故だろう?

 

発信音の解析から分かったウルトラセブン復活に必要なマグネリウムエネルギー。設定によるとウルトラ戦士のエネルギー源はディファレーター光線だが地球上では補給できないので太陽エネルギーで補っているらしい。おそらくマグネリウムエネルギーはディファレーター光線と似たエネルギーだったのだろう。

 

ガッツ星人がナツコから奪った宝石はイミテーション。それを知って大笑いした後、慌ててカメラに向かって「シー」をするフルハシ隊員は『ウルトラマン』の飯島監督作品「侵略者を撃て」を思い出す。

 

今回はまるで最終回のようなテンションで物語が進む。タケナカ参謀の「破滅の道を選ぶのは地球人か、ガッツ星人か」やキリヤマ隊長の「我々は決して負けられない…」がメチャクチャ格好良い!

 

いくらガッツ星人を誘き出す為とは言え、一般人のナツコを囮にするのはどうだろうか? 本人の了承は得たのだろうが…。

ところでナツコはレーサーなのにあの靴で車を運転するのかい?

 

ウルトラセブン復活はカタルシス満点! 太陽エネルギーを補給し、最後の切り札ウルトラノックで大逆転勝利! 逆に今までの自信が嘘のように狼狽えるガッツ星人は哀れ。

 

ウルトラマン』でゼットンに倒されたウルトラマンを復活させたのは同じウルトラ戦士ゾフィだった。いかに科特隊と言えど、神を復活させる事は出来なかったのだ。

しかし今回の話でウルトラセブンを復活させたのはウルトラ警備隊だった。何故ならウルトラセブンは神ではなく同じ宇宙の仲間なのだから。

 

前回のラストでは地球存亡の危機の為、あえてダンを見捨てる事にしたウルトラ警備隊だったが、今回、ダンが無事に帰って来た事に大喜びする。やっぱり皆心配だったのだ。

 

前回の話で戦車部隊を壊滅させたバリアーは何故か今回は出てこなかった…。

 

よく突っ込まれる、夜明けになったのにウルトラセブンを処刑しないガッツ星人

地球人を絶望させて降伏させる事が目的だったので、慌てて処刑するより救出に来たウルトラ警備隊も倒した後にゆっくりと処刑した方が地球人を絶望させられると考えたのではないだろうか。

 

本作は藤川さんの『ウルトラセブン』最終作。藤川さんは後に『宇宙戦艦ヤマト』等のアニメ作品の脚本を手掛けるようになり、次に参加したウルトラシリーズもアニメの『ザ☆ウルトラマン』であった。