読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「セブン暗殺計画 前篇」 『ウルトラセブン』制作第38話

ウルトラセブン

「セブン暗殺計画 前篇」

ウルトラセブン』制作第38話

1968年6月30日放送(放映第39話)

脚本 藤川桂介

監督 飯島敏宏

特殊技術 高野宏一

 

分身宇宙人 ガッツ星人

身長 2m~40m

体重 200kg~1万t

「いかなる戦いにも負けた事が無い無敵のガッツ星人」と言うだけ事はある強豪宇宙人。アロンを使ってウルトラセブンの情報を分析。ウインダムを倒し、分身や光線を使ってウルトラセブンも倒す。ウルトラセブンを十字架に磔にして公開処刑すると宣告した。

 

豪力怪獣 アロン

身長 45m

体重 1万3千t

ガッツ星人ウルトラセブンの情報分析の為に派遣した怪獣。目立たない、咬ませ犬等と言われる事があるが、ウルトラセブンのビームランプを点滅させた強豪。アイスラッガーで首を切り落とされた。

 

カプセル怪獣 ウインダム

身長 ミクロ~40m

体重 ほぼ0~2万3千t

ガッツ星人を倒そうとするが、宇宙船からの光線を電子頭脳に受けて倒されてしまった。ここで死亡したとする説もあるが、個人的には、間一髪でカプセルの中に戻れたと思いたい。

 

物語

ガッツ星人はアロンを使ってウルトラセブンの情報を分析。ウインダムを倒し、ウルトラセブンも倒してしまう。敗れ十字架に磔にされたウルトラセブンの姿に地球人はかつてない絶望を味わう。

 

感想

あちらこちらで言われているが、「暗殺」と言っておきながら正面から挑戦するガッツ星人。「セブン公開処刑」の方が良かったと思う。

 

まず手下の怪獣アロンを使ってウルトラセブンの情報を分析するのが画期的。でもガッツ星人のデータではウルトラセブンは身長50mになっていたりする。(設定では40m)

対アロン戦は白黒ながら色々と工夫があって見応えあり。個人的にアロンは好きな怪獣だ。

 

ガッツ星人の偽通報に振り回されるウルトラ警備隊。しかし「たとえ1000回の通報が1000回とも嘘でも出動するのがウルトラ警備隊の義務」と言うキリヤマ隊長。TACに聞かせたい。

 

フルハシ隊員曰く妹の友達ナツコ。でも友達の兄に自分とペアの宝石をあげるものかい? 白状しなよ、フルハシ隊員。

ところでナツコはサファリラリーに参加していたらしい。やはり当時はラリーが流行っていたのだろうか。

 

ガッツ星人に周りを囲まれながらも必死に恐怖と戦うアンヌ隊員。今まで怖がりなところがあっただけに何かグッとくるものがあったシーン。

 

「貴様など相手にならん」と言う言葉と共にウインダムが倒されるのはショックだが、ガッツ星人の強さは存分に出ていた。

 

さらにショックなウルトラセブン敗北。アイスラッガーエメリウム光線、ワイドショットすら通じなかった。十字架に磔なのがさらにショッキングだったが、ウルトラセブンの敗北を見せつけて地球人に絶望を与えると言う目的には最高の演出だった。

 

ウルトラセブン敗北後に出撃した戦車部隊。そう言えば『ウルトラセブン』に戦車が登場するのは意外と無かった。

 

ウルトラセブンよりダンの事を心配するアンヌ隊員。この辺りから最終回の告白シーンが見えてきた感じ。

 

「零下140度の対決」でウルトラセブンは活動時間を制限されたが、本作はそれを最大限に利用した。ただし、これ以降の話でウルトラセブンのビームランプが点滅しなかったのは残念。せめて最終回くらいは点滅してほしかった。

 

ウルトラセブン敗北と言う絶望的な状況の中、地球防衛軍基地に送られてきた謎の発信音。まさか、新たな侵略者!?