読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「盗まれたウルトラ・アイ」 『ウルトラセブン』制作第37話

ウルトラセブン

「盗まれたウルトラ・アイ」

ウルトラセブン』制作第37話

1968年6月16日放送(放映第37話)

脚本 市川森一

監督 鈴木俊継

特殊技術 高野宏一

 

マゼラン星人

身長 160cm

体重 40kg

地球を「狂った星」として恒星間弾道弾で破壊しようとした。ウルトラアイを奪う為、マヤと言う少女を地球に送り込んだ。マヤはウルトラアイを奪うが、自分が見捨てられた事を知ってダンにウルトラアイを返す。その後、ジュークボックスの煙に包まれて消滅し、ブローチだけが残された。

意外だが「マヤ」と言う名前は劇中一度も呼ばれていない。

 

物語

ダンは謎の少女にウルトラアイを盗まれてしまう。謎の少女を追ってダンは夜の街へと入っていった。

 

感想

再び着ぐるみが出ない話。逆にウルトラセブンを無理矢理戦わせる事が無く名作となった。

 

いきなり怒りまくりのアマギ隊員。ソガ隊員の事をよく怒るのは恋人がいないから?

 

あまりにも楽観的なプラネタリウムのナレーション。宇宙の人々は地球の事を素晴らしい星だと思っているかもとの事だが実際は全然違っていた。ナレーションを醒めた様子で聞くマヤが印象的。

 

遂に登場、宇宙ステーションV2。そして退場。哀れ…。

 

舞台がスナックで当時の雰囲気が垣間見える。

 

地球を「狂った星」として破壊する事を決めたマゼラン星。

確かに地球は過去に色々な事があったが、自分達の判断で他者の生存権を勝手に決め、挙句に同胞を平然と見捨てるマゼラン星は果たして「正常な星」と言えるのだろうか?

 

出撃命令が出ていながら、ダンはマヤに会いに行く。

この話のダンは地球人ウルトラ警備隊としてではなく宇宙人ウルトラセブンとして行動していた。それは最後のセリフ「僕だって同じ宇宙人」でも明らか。

 

機関銃でダンを撃つマヤ。冒頭でダンプカーを運転したりとマヤは見かけによらず力持ちさん。

 

ダンにウルトラアイを返すマヤの場面は『ウルトラセブン』の中で最も印象に残る変身シーンではないだろうか。本作の題名は「盗まれたウルトラ・アイ」だが、ここで言うウルトラアイとは「地球の運命」と言う意味だと思う。マヤは盗んだ地球の運命をダンに返したのだ。

 

因みに本作の脚本時の題名は「他人の星」。

マヤにとって地球は他人しかいない星。だから生きる事を選べなかったのかもしれない。そして地球人も周り(宇宙)には他人しかいない。他人とは心の内が読めない存在。心の内が読めないから恐怖が生まれて憎しみが生まれる。それが争い、侵略者を生み出すのだ。

 

マゼラン星が発射した恒星間弾道弾は180度反転してマゼラン星に帰っていった。マゼラン星を地球、地球をギエロン星、恒星間弾道弾をR1号とギエロン星獣と考えると本作は「超兵器R1号」と対になる。

 

ウルトラマン』にはウルトラマンと表裏一体を成す存在が多数いた。『ウルトラセブン』でダンウルトラセブンと表裏一体を為す存在は本作のマヤになるだろう。ダンは地球の平和を守ろうとする宇宙人、マヤは地球を破壊しようとした宇宙人。ダンが希望の象徴なら、マヤは絶望を象徴していた。最後、地球で生きるダンに対し、マヤが死を選んだのは当然の結果だったのかもしれない。