読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「月世界の戦慄」 『ウルトラセブン』制作第36話

ウルトラセブン

「月世界の戦慄」

ウルトラセブン』制作第36話

1968年6月2日放送(放映第35話)

脚本 市川森一

監督 鈴木俊継

特殊技術 高野宏一

 

復讐怪人 ザンパ星人

身長 190cm

体重 60kg

3年前にキリヤマ、クラタ両隊長に全滅させられた宇宙艦隊の生き残り。復讐の為にシラハマ隊員を殺して入れ替わる。ペテロを操っていた。遠隔指示器でウルトラホーク1号の計器を狂わせたり、クラタ隊長の銃を奪ったりしたが、レーザーガンに撃たれて死亡。

名前の由来はフェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画『道』に登場する大道芸人「ザンパノ」かららしい。

 

月怪獣 ペテロ

身長 60m

体重 7万t

ザンパ星人が操っていた。月基地を破壊し、ウルトラセブンと戦う。光線や特殊な液体や気体を吐く。ワイドショットで倒された。

名前の由来はキリストの12使徒の1人「ペテロ」から。劇中、未呼称。

 

物語

月基地が破壊されて、キリヤマ、クラタ両隊長が調査に赴く事になった。しかし、そこには復讐の機会を狙っていた宇宙人の罠が…。

 

感想

再びキリヤマ、クラタ両隊長の味わい深い友情話が見られる。最後の月に引き返すクラタ隊長と「月に忘れ物ですか?」と言うキリヤマ隊長が良い!

 

ヘルメス惑星でザンパ星人の宇宙艦隊を全滅させていたキリヤマ、クラタ両隊長。はっきり言って、ウルトラセブン無しでも地球の平和は大丈夫なのではと思える程の強さだ。ザンパ星人はその会話をどんな顔で聞いていたのだろう?

 

「私が人間だったらお前は殺人者だ」はシラハマ隊員に変身したザンパ星人のセリフ。

人間だったら殺人者、では宇宙人だったら殺人者にならないと言う事。仲間を皆殺しにされたザンパ星人のさりげないが凄まじい皮肉。(宇宙人だからそう簡単には死なないと言う意味もあるのだろうが)

 

そう言えば宇宙にも行けたウルトラホーク1号。でも宇宙ならやっぱりウルトラホーク2号なのでは?

 

宇宙なのにタバコを吸おうとするキリヤマ隊長。普通は禁煙だろう。

 

ダンは宇宙服を着ていてどうやって変身したのだろうか? 「空間X脱出」を見るに一応はウルトラアイ無しでも変身できるらしいが。

 

ウルトラセブンは寒さに弱いと言う設定をキチンと使った話でビームランプが久々に点滅している。隕石の光と熱を吸収して復活するウルトラセブンが格好良い!

 

メインではないが、妙にアンヌ隊員が印象に残った話でもあった。