読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「蒸発都市」 『ウルトラセブン』制作第35話

ウルトラセブン

「蒸発都市」

ウルトラセブン』制作第35話

1968年5月26日放送(放映第34話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

発泡怪獣 ダンカン

身長 40m

体重 1万5千t

宇宙乱流から逃れる為に地球への一時的な避難を要求する。人間に変身して霊媒師ユタ花村の口を借りて要求を述べた。ビル街の一区画を移動して自らの居住区とし、さらにダンを洗脳してウルトラセブンに変身させた。フルハシ隊員に撃たれると怪獣に変身した。元々は泡状の生命体。エメリウム光線に撃たれて粉になって風に舞った。

劇中、未呼称。

 

物語

突如としてビル街が蒸発してしまった! 一方、地球防衛軍にユタ花村と名乗る霊媒師が会見を申し込んできた。

 

感想

今回はウルトラ警備隊にとって最強の敵が出現する。その名はウルトラセブン! 数あるウルトラ戦士の中でも敵に操られてしまったのはウルトラセブンぐらい。凄いぞ! ダンカン!

 

気のせいか、今回は野次馬(エキストラ)が多かった気がする。

 

幻想的な雰囲気のユタ花村。しかし、なぜ霊媒師? 普通に地球防衛軍基地の通信を使えば良いのに…。何とも違和感がある。因みに『帰ってきたウルトラマン』でも霊媒師が宇宙生命体の伝言役をしていたが、こちらは違和感が無かった。ユタ花村は『ウルトラマン』のアキラやユキのようなメッセンジャーなのだが、SF調の強い『ウルトラセブン』に霊媒師は合わなかった。

 

地球防衛軍の事をまるで信じないダンカン。まぁ、今まで色々あったからねぇ…。

 

フルハシ隊員が口にした「ビル街が心を持ったら蒸発したくなるだろう」はエンディングナレーションでも語られているが、やや取って付けた感じがある。『ウルトラセブン』は宇宙人の存在が前提にあるので、ビル街が消えても心を持ったとは思えず、宇宙人の仕業と思ってしまうし、事実、そうだった。『ウルトラQ』ならこのテーマをもっと深く掘り下げられただろう。

 

本作は円谷監督のウルトラシリーズ最終作。メインを務めた『ウルトラマン』に比べて『ウルトラセブン』はメイン以外の話が多かった。代わりに若手の満田監督がメインを務めていたので、当時の円谷プロは『ウルトラセブン』より『マイティジャック』に力を入れていたのだと考えられる。もちろん世代交代と言う意味もあったのだろう。(でも当時、円谷監督はまだ37歳、金城さんに至ってはまだ29歳の若さだったが…)