読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「必殺の0、1秒」 『ウルトラセブン』制作第33話

ウルトラセブン

「必殺の0、1秒」

ウルトラセブン』制作第33話

1968年6月9日放送(放映第36話)

脚本 山浦弘靖

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 高野宏一

 

催眠宇宙人 ペガ星人

身長 160cm

体重 56kg

アルファケンタウリ第13惑星出身。地球に太陽系侵略基地を設置しようとした。人工太陽計画の中心人物リヒター博士を狙う。地球の気圧に耐えられないので催眠装置で地球人を操る。エメリウム光線で倒された。円盤は光線や光弾を撃つが、こちらもワイドショットで倒された。

 

物語

地球防衛軍の射撃大会で同期のソガ隊員をおさえて優勝したヒロタ隊員。しかし、その裏にはペガ星人の影が…。

 

感想

制作は第33話なのに放映は第36話。この時期に制作番号と放映番号が大きく変わるのは珍しい。内容がソガ隊員関連話の「サイボーグ作戦」や「ひとりぼっちの地球人」に似ていたのが関係しているのかもしれない。よく見れば「栄光は誰れのために」にも似ている気が…。因みに再放送時は第32話になっていたらしい。何で?

 

今回もSF作品らしい人工太陽計画。宇宙開拓に必要だったのだろう。今回は劇中には登場しなかったが、宇宙開拓をメインテーマにした『ウルトラマンダイナ』ではちゃんと出ている。

 

最初に殺されたリヒター博士の影武者。哀れ…。

 

ペガ星人に捕らえられるソガ隊員。ウルトラ警備隊はよく捕らえられる。

 

ペガ星人のデザインがなかなか良い。

 

今回は刑事ドラマのような内容だった為、ウルトラセブンとペガ星人の円盤の戦闘も銃の撃ち合いみたいに演出されていた。(ソガ隊員もウルトラガンではなく普通の銃を使用していた)

 

「お前の星に帰れ!」と説得するウルトラセブン。単なる悪役に説得するのは珍しい。

 

ヒロタ隊員だが、途中で意識を取り戻していたようにも見える。最後にリヒター博士を人質にしてソガ隊員と決闘をするが、本来はリヒター博士殺害が目的だったので、これでは本末転倒。もしかしたら、ヒロタ隊員はペガ星人の邪魔無しでソガ隊員と決着を付けたかったのかもしれない。それとも、一度は裏切ってしまった親友に自ら撃たれたかったとか…。

 

本作は野長瀬監督の『ウルトラセブン』最終作。野長瀬監督作品は地球侵略を企む宇宙人とそれを阻止するウルトラ警備隊と言う図式がはっきりしていて分かりやすい娯楽作品が揃っている。戦闘シーンが凝っているのも特徴であった。

また、山浦さんも本作が『ウルトラセブン』最終作。

二人は第2期ウルトラシリーズには参加しておらず、次回作は12年後の『ウルトラマン80』となる。