読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「散歩する惑星」 『ウルトラセブン』制作第32話

ウルトラセブン

散歩する惑星

ウルトラセブン』制作第32話

1968年5月12日放送(放映第32話)

脚本 山田正弘・上原正三(原案・虎見邦男)

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 高野宏一

 

メカニズム怪獣 リッガー

身長 60m

体重 4万5千t

ステロイドベルトから地球に侵入した小惑星の核。アギラを倒すもアイスラッガーで首を切られる。頭部から誘導電波を発していたのでロボットかサイボーグだと思われる。

劇中、未呼称。恐竜戦車の着ぐるみを利用している。

小惑星は直径が約1kmの島で、強力な電磁波、電磁バリアー、時限装置が仕掛けられていた。首謀者の正体は一切不明。劇中では呼称されなかったが小惑星の名前は「ディン」と言うらしい。

 

カプセル怪獣 アギラ

身長 ミクロ~45m

体重 ほぼ0~1万2千t

ダンの持つ金色のカプセルから登場。やや小柄だがその分素早い。戦闘中に頭のヒレを広げる。リッガーの尻尾攻撃に苦戦する。

名前の由来は円谷英二監督の三男・円谷粲さんから。

 

物語

ダン達が散歩する惑星に捕らえられた。強力な電磁波を発しながら地球防衛軍基地に迫る散歩する惑星には時限装置までもが仕掛けられていた!

 

感想

ステロイドベルトとか惑星規模の破壊兵器とか言うのがSF作品らしくて良い。予算の関係で首謀者は登場しなかったが逆に作品に奥行きが出た気がする。

 

今回も名称のみの登場となった宇宙ステーションV2。残るはV1だけだが…。

 

散歩する惑星内でのダン、フルハシ、アマギ隊員はそれぞれキャラクターが分かれていて面白く描かれていた。

 

意外と変身不能に陥る事が多いダン。それなのにカプセル怪獣は使える。アギラ登場でカプセル怪獣3体が遂に揃った。因みに当初はウインダムの他、『ウルトラQ』の「虹の卵」のパゴス(脚本は山田さん)が登場する予定だったらしい。

それにしても『平成セブン』や『ウルトラマンメビウス』では何故アギラが再登場しなかったのだろう? アギラ好きなので、アギラだけ出なかったのは残念だった。

 

リッガーの赤い目がなんか好き。

アギラ対リッガーの戦いはあまり迫力が無いと書かれる事があるが自分は面白かった。

 

最後、あの状態ではダンは死んでしまったような…。まぁ、ウルトラセブンに助けてもらったと言えば良いか。

 

本作は『ウルトラQ』で「バルンガ」を手掛け、『ウルトラセブン』制作直前に急死した虎見邦男さんが原案となっている。また、山田さんの『ウルトラセブン』最終作でもある。『ウルトラセブン』における山田さんの作品はわずか2本、それも共同執筆のみとなっている。『ウルトラセブン』は『ウルトラQ』や『ウルトラマン』とは少し異なった雰囲気を持っているが、山田さんが殆ど参加しなかった事が理由の一つかもしれない。