読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「栄光は誰れのために」 『ウルトラセブン』制作第30話

ウルトラセブン

「栄光は誰れのために」

ウルトラセブン』制作第30話

1968年4月28日放送(放映第30話)

脚本 藤川桂介

監督 鈴木俊継

特殊技術 的場徹

 

プラスチック怪人 プラチク星人

身長 2m~40m

体重 50kg~1万5千t

地球防衛軍の野戦訓練を利用して地球防衛軍壊滅を企んだ。アオキの暗躍もあって、一度はマグマライザーの奪取に成功する。口から特殊なガスを吐いて相手をプラスチックで固めてしまう。宇宙戦車をエメリウム光線で破壊され、自身もエメリウム光線で炎上されるが骨だけで立ち上がった。しかし、アオキの最後の一撃で遂に倒れる。

名前の由来は「プラスチック」から。劇中、未呼称。

 

物語

将来のウルトラ警備隊入りを期待されているアオキ隊員であったが、栄光を追い求める彼は先走った行動をとって…。

 

感想

ウルトラセブン』のダンは温厚なのに『ウルトラマンレオ』のダンは厳しいと言う意見を何度か聞く。個人的には新人時代と隊長時代の言動が一緒だったら駄目だろうと思うが、今回のダンとアオキの関係は後のダンとおおとりゲンの関係に似ているので『ウルトラマンレオ』を見る前に本作を見てみてはいかがだろうか?

 

高笑いと共に高い所から登場するアオキ。今までのウルトラシリーズにはあまりいなかったタイプなのでインパクトは大!

 

アオキはダンに異常なライバル心を燃やす。そう言えば、ダンはどこの馬の骨とも分からぬ風来坊だったが、原因はそこか?

 

地球防衛軍のチームワークを高める為の野戦訓練がチームワークを無視したアオキの為に滅茶苦茶になってしまうのが皮肉。

 

プラチク星人に乗っ取られたマグマライザーを奪い返そうと小型爆弾を投げるダンを見て、カプセル怪獣を使うのかと思った。

 

何故か巨大化するプラチク星人。どうせなら人間大のまま、マグマライザーの中で戦ってほしかった。

 

謝った振りをして騙し討ちするプラチク星人。君はバド星人か? そしてまたもや引っ掛かるウルトラセブン…。


プラスチックで固められたウルトラセブンが復活する時、何らかの説明が欲しかった。

 

今回、ビームランプが点滅している。

 

自分の為だけの栄光を追い求めたアオキだが、その結果、多くの犠牲が生まれ、アオキ自身も命を落としてしまった。そして、死んでしまった為、結局、アオキは自らの罪を償う事はしなかった。(ダンに対しては償ったが…)

最後にダンはアオキの死を看取った事でアオキの罪を自ら引き継ぐ形になった。後の『ウルトラマンレオ』でダンがおおとりゲンに厳しいのは、アオキの二の舞になってほしくなかったからとも考えられる。(因みに今回のダンは『ウルトラセブン』時には珍しく怒鳴ったり殴ったりもしている)

 

本作をもって美術担当の成田さんが降板している。

いきなりだが『ウルトラセブン』の主役は一体誰だろうか? ウルトラセブンダン? ウルトラ警備隊? 宇宙人? これらが全てが主役であって主役ではない。主役はそれら様々な要素が合わさった「遊星間戦争に巻き込まれた地球」と言う世界そのものなのだ。

ウルトラマン』では主役だった怪獣も『ウルトラセブン』では宇宙人の手駒に過ぎず、その宇宙人自体も主役でない話がある。成田さんがどんなに魅力的な怪獣や宇宙人を作っても、それが作品の中で有効に使われないのだ。

しかし、TV番組である事を考えるとそれは仕方が無いとも言える。成田さん1人で作品を作っているわけではないのだ。成田さんが付けたくなくてもカラータイマーは必要だったし、古谷敏さんは素顔で出演したかった。成田さんは後のシリーズの美術担当はデザイナーで、自分はデザイナーではなく芸術家だと言ったそうだが、芸術家にTV番組は合わなかったのかもしれない。

成田さんはウルトラシリーズの栄光に多大な貢献をしたものの、その栄光は成田さんだけのものではなかったのだった。