読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「700キロを突っ走れ!」 『ウルトラセブン』制作第28話

ウルトラセブン

「700キロを突っ走れ!」

ウルトラセブン』制作第28話

1968年4月14日放送(放映第28話)

脚本 上原正三

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

侵略宇宙人 キル星人

スパイナー実験妨害の為、人間爆弾、地雷、ライフル、時限爆弾、ヘリに気球と色々仕掛けてきた。死ぬと消滅する。

名前の由来はキル(殺す)から。劇中、未呼称。

 

戦車怪獣 恐竜戦車

身長 60m

体重 7万t

キル星人の移動要塞。目から光線を撃ち、戦車部分から砲台も撃つ。強烈な尻尾でウルトラセブンを苦しめる。最後はスパイナーの爆発に巻き込まれた。

正式な呼び名は「恐竜タンク」らしい。「恐竜せんしゃ」だと思ってた。漢字のみの名前が格好良い。

 

物語

ウルトラ警備隊はラリーを利用してスパイナーを実験場まで秘密裏に運ぼうとする。

しかしと言うかやっぱり、敵の妨害を受ける事に…。

 

感想

地震源Xを倒せ」に続いてラリーの話。当時流行っていたのだろうか? 今回は『マッハGoGoGo』みたいな話。そう言えば「地底GO! GO! GO!」と言う題名があったなぁ…。でも日本に700キロものラリーコースがあるのだろうか?

 

バカデカイ煎餅を食べるダンとアンヌ隊員。どこに売っていたのだろう? ところでこれはデートだよねぇ。ダンが妙にはしゃいでいる。

 

高所恐怖症に続いて火薬関係も怖い事が判明したアマギ隊員。発明が素晴らしいとは言え、よくウルトラ警備隊になれたものだと思う。

 

次々とアクシデントが起こるラリー。ダンはすれ違ったバイクをいきなり撃つ! 人間爆弾だったから良かったものの、人間だったらどうするの? それにしても一般の参加者は災難だったなぁ。

 

人間誰しも怖いものはある。しかし、ウルトラ警備隊は怖いからと言っていられない所。何せ地球の運命がかかっているのだから。厳しいキリヤマ隊長が本作を引き締めた。

 

今回、ウルトラセブンのビームランプが点滅している。