読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「超兵器R1号」 『ウルトラセブン』制作第26話

ウルトラセブン

「超兵器R1号」

ウルトラセブン』制作第26話

1968年3月31日放送(放映第26話)

脚本 若槻文三

監督 鈴木俊継

特殊技術 的場徹

 

再生怪獣 ギエロン星獣

身長 50m

体重 3万5千t

元はギエロン星の大人しい生物だったらしいが超兵器R1号の影響で怪獣化した。一直線に地球を目指し、一度爆破されても再生して東京に向かった。口から放射能を含んだ灰を吐く。手からリング状の光線を撃つ。熱波を放射する事も可能。ウルトラセブンに喉を切られて安らかな眠りについた。

 

物語

侵略者に対抗すべく超兵器R1号が開発され、その実験場にギエロン星が選ばれる。だがダンは悩む。このままでは地球は血を吐きながら続ける悲しいマラソンを始めてしまう、と…。

 

感想

キングジョーやポール星人等、ウルトラセブンでも苦戦する強敵の出現に遂に登場した超兵器R1号。当時の米ソ核開発競争が下地にあった事はもはや言うまでもない。

 

ただし問題ばかりの超兵器。

侵略者の星をどうやって見付け出すのか? たとえ見付けても超兵器が到着する前に撃ち落されたら? 超兵器は地球防衛軍基地の地下に保管されているがそこで爆破されたら? それにアンノンやペダン星人が超兵器の事を知ったら自分達の星が危険だと攻めて来る恐れもある。

超兵器は侵略者に対する抑止力になるかもと言っていたが、これでは地球の危機が増えただけ。もっとも、実際の核開発競争も似たようなものだったが…。(核兵器を何千何万発所有しても維持費がかかるだけ)

 

地球人もいつかは侵略者になるかもと言う「ダーク・ゾーン」や「ウルトラ警備隊西へ」での危惧が現実となってしまった話。地球防衛軍は防衛又は報復にしか使用しない予定だったらしいが、いつか先制攻撃に使用される事は明らか。それは後の『平成セブン』でのフレンドシップ計画でも描かれている。最初はヴァルキューレ星人への報復が理由だったが、段々と地球を攻撃するかもと言う理由で他の星を先制攻撃するようになっていった。まだ何もしていない星への攻撃。それを侵略と言うのだ。

 

ギエロン星獣は何故名前に「星獣」と付くのか?

ひょっとしたら、ギエロン星獣は一個体ではなく、ギエロン星のあらゆる生物(獣)の集合体だったのかもしれない。

そう言えば、ギエロン星獣は地球に復讐に来たと言われているが実は確証が無い。ただ迷い込んだだけだったのかもしれない。

 

ギエロン星を吹き飛ばしたR1号よりさらに強力なR2号を使うと言う瀬川博士。多分、R2号はR1号より爆発の範囲を狭める事で威力を上げる事が出来るのではないだろうか。この理論なら、R3号、4号と範囲を狭めるごとに威力を上げる事が出来る。(でも、R2号は地球を2つ3つ消し去れると言っているしな…。でも他に思いつかない…)

 

今回はアイスラッガーの連続攻撃を始めとして戦闘シーンが見応えある。

太陽エネルギーを補給する事でウルトラセブンは一時的にパワーアップしているが、戦闘中にウルトラ戦士がパワーアップするのは今回が初である。

 

よく突っ込まれる、爆破されても再生したギエロン星獣がどうして喉を切られて死んだのか?

今回のウルトラ警備隊は超兵器信奉を持っていた。それではギエロン星獣は倒せない。ギエロン星獣に静かな眠りを与える事が出来るのは超兵器信奉を持っていなかったウルトラセブンだけだったと言う意味ではないだろうか?

 

「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」は『ウルトラセブン』でも屈指の名ゼリフ。今から半世紀前のセリフだが現在でも十分に通じる。でも裏を返せば、それは人間が半世紀もの間、何も変わっていないと言う事でもある。自分も人間はそんなに愚かな存在だとは思えないのだが…。