読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「零下140度の対決」 『ウルトラセブン』制作第25話

ウルトラセブン

「零下140度の対決」

ウルトラセブン』制作第25話

1968年3月24日放送(放映第25話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

ミニ宇宙人 ポール星人

身長 33cm

体重 1kg

かつて地球を二度にわたって氷漬けにし、今回は三度目の氷河期にしようとした。ダンの幻覚の中で炎を背負って姿を現す。冷凍ゾーンで地球防衛軍基地周辺を覆って地球防衛軍を全滅寸前にまで追い詰めた。ガンダーが倒されて計画は失敗に終わったものの、ウルトラセブンに弱点を作った事に満足して帰って行った。

 

凍結怪獣 ガンダー

身長 45m

体重 2万t

地球防衛軍基地の動力炉を破壊し、その後もミクラスと戦って勝利した。口から冷凍ガスを吐く。飛行も可能で意外と身軽。ウルトラ警備隊のカルテット作戦を受けた後、太陽エネルギーを補給したウルトラセブンのウルトラ念力とアイスラッガーの連続攻撃で倒された。

 

カプセル怪獣 ミクラス

身長 ミクロ~40m

体重 ほぼ0~2万t

今度は黄色いカプセルから登場。赤い熱戦を吐いてガンダー相手に善戦し、ウルトラ警備隊ウルトラセブンが復活するまでの時間を稼いだ。

 

物語

地球防衛軍基地周辺が冷凍ゾーンに包まれた! 寒さの中、次々と倒れていく隊員達。ダンも寒さに苦しみ、最大の危機が到来する。

 

感想

ひょっとしたら、地球防衛軍最大の危機ではなかろうか? もし、ポール星人が本気で地球侵略を考えて次々に手を打っていたら全滅していたと思われる。

 

再び空を飛ぶポインター。雪で道が埋まってもヘッチャラだ! でも寒さの為にエンスト…。

ポインターを捨てて帰れと言うキリヤマ隊長。こんな吹雪の中を歩いたら遭難するぞ。迎えを出した方が良かったのでは?

 

ヤマオカ長官とアラキ隊員の対立が面白い。作業を命じるヤマオカ長官も寒さと戦っていた。もし、自分だけ暖かい部屋でぬくぬくとしていたら部下はついてこない。MATやTACやZATの長官に見せてやりたい姿だ。

 

ポール星人は地球侵略と言うより遊び感覚が強い。おそらく人間がアリの巣に水を流して、アリがもがく姿を楽しむような感覚だったのだろう。ある意味、一番残酷と言える。

 

完全無欠と思われていたウルトラセブン地球防衛軍基地にも弱点はあった。しかし、人間の力でそれをカバーする事が出来る。今回はそういう話だったのだろう。

 

光の国には冬が無いのでウルトラ戦士は寒さが弱点。有名な設定だが、今回急遽作った為、これ以前の「北へ還れ!」や『ウルトラマン』の「まぼろしの雪山」ではウルトラ戦士は寒い中でも普通に戦っていた。

 

ウルトラマン』に比べて視聴率が振るわなかった『ウルトラセブン』は戦闘シーンに緊張感を出す為に今回からウルトラセブンに活動時間が制限される事になった。しかし、ビームランプの点滅はこれ以降もあまり使われなかった。ウルトラマンとイメージが重なりたくなかったのだろうが、せっかくの設定はキチンと使ってほしい。カプセル怪獣と同じく『ウルトラセブン』の弱い部分だと思う。

 

今回の話でウルトラセブンの出身地がウルトラマンと同じ光の国M78星雲と紹介された。今まで『ウルトラマン』との差別化を図っていたが、結局は『ウルトラマン』の中に取り込まれた形となった。

因みに『ウルトラマン』で強調されていた「光の国」と言う呼び名は『ウルトラセブン』ではあまり使われず、「M78星雲」の方が多く使われた。(オープニングも「光の国」ではなく「遥かな星」とされていた) 神のイメージを持つウルトラマンに対し、ウルトラセブンは宇宙人である事が強調されていて、その事は終始変わらなかった。