読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「北へ還れ!」 『ウルトラセブン』制作第24話

ウルトラセブン

「北へ還れ!」

ウルトラセブン』制作第24話

1968年3月17日放送(放映第24話)

脚本 市川森一

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

オーロラ怪人 カナン星人

身長 180cm

体重 62kg

灯台に偽装したロケットから特殊な光線を発射して電子関係を混乱させる。その際、オーロラが出現する。目的は北極の制圧。ワイドショットで倒された。珍しい女性タイプの宇宙人。

名前の由来は『出エジプト記』の「約束の地カナン」から。

 

カプセル怪獣 ウインダム

身長 ミクロ~40m

体重 ほぼ0~2万3千t

今度は赤いカプセルから登場。カナン星人の光線で電子頭脳を狂わされてウルトラセブンと戦ってしまう。ウルトラセブンの覚醒光線で元に戻るが結局はカナン星人に倒されてしまった。

実は今回が『ウルトラセブン』でカプセル怪獣ウルトラセブンが同一画面に出た唯一の話。

 

物語

地球防衛軍機と旅客機の衝突事故が起きた。フルハシ隊員が調査に向かうが、その頃、フルハシ隊員の母親が上京してきた。

 

感想

フルハシ隊員の下の名前がシゲルと判明する話。

ウルトラQ』には主人公達の家族は出なかった。続く『ウルトラマン』ではイデ隊員の親の話やフジ隊員の弟が出ていたが、イデ隊員の場合はユキに感情移入する為の設定で、サトル君は降板したホシノ君の代役だった。そして『ウルトラセブン』ではアンヌ隊員の叔父関係が出ていたが展開をスムーズに進める為の設定だった。しかし、今回はフルハシ隊員の母親がドラマの重要な部分を占めていた。今まで怪獣や宇宙人がドラマの中心だったが段々と人間ドラマが中心になってきた。

 

ウルトラセブンとウインダムの戦闘シーンは完全にお遊び。遊びがある戦闘シーンは好きだが、今回は時間との戦いなので止めてほしかった。

 

カプセル怪獣は「姿なき挑戦者」以来、制作で19話も離れての再登場。「怪しい隣人」から数えても制作で17話離れている。せっかくの設定だからもっと使ってほしかった。

 

母親とのドラマはフルハシ隊員(と言うより毒蝮三太夫さん)ならでは。他の隊員ではここまでのドラマにはならなかっただろう。最後の北海道へのパトロールは感動。本当、夕焼けがとっても綺麗だ…。

 

旅客機と衝突した地球防衛軍機のパイロット。可哀相な事に彼はこの後もう一回死んでしまう。(『帰ってきたウルトラマン』の「怪獣チャンネル」)

 

よく突っ込まれる自爆装置の件だが、カナン星人に操縦桿や脱出装置が狂わされたのなら自爆装置も狂わされたと考えて良いだろう。また、カナン星人は光線で飛行機を誘導している節もあるので、自爆装置を知ったカナン星人が自爆する前にウルトラホーク3号と旅客機を衝突させようとしたとも考えられる。