読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「明日を捜せ」 『ウルトラセブン』制作第23話

ウルトラセブン

「明日を捜せ」

ウルトラセブン』制作第23話

1968年3月10日放送(放映第23話)

脚本 南川龍・上原正三

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 的場徹

 

宇宙ゲリラ シャドー星人

身長 2m

体重 70kg

マルサン倉庫を三つの火の玉で襲撃した。姿を消す事が出来る。タクシーに変身可能なダンプを使用する。占い師の安井に攻撃計画を知られたので安井抹殺を考えるが失敗。そこで安井の予知能力を使ってウルトラ警備隊を攪乱させようとした。最後はウルトラガンで倒され、円盤からガブラを操作するもハンドビームで倒された。

名前の由来はシャドー(影)から。劇中、未呼称。

 

猛毒怪獣 ガブラ

身長 ミクロ~48m

体重 ほぼ0~3万t

降伏すると見せかけたシャドー星人が送り込んだ。アイスラッガーで首を切り落とされても首だけで動く事が出来る。円盤で操作されているところを見るとサイボーグかもしれない。歯には猛毒があってウルトラセブンを苦戦させる。シャドー星人の円盤が爆破されると首も溶けてしまった。

名前の由来は「ガブッと噛む」から? 劇中、未呼称。

 

物語

占い師の安井はマルサン倉庫が宇宙人に狙われていると叫ぶが、ウルトラ警備隊が調査しても何も発見されなかった。しかし、キリヤマ隊長は気になって…。

 

感想

劇中に『むじな』のシーンがあったりとホラーな話。気のせいか、『ウルトラセブン』はSFと言うよりホラーな話の方が多い。

 

人間の持つ予知能力や霊感を信じているキリヤマ隊長。なんか意外だ。

そのキリヤマ隊長の行動を了承するマナベ参謀が良い。マナベ参謀とキリヤマ、クラタ両隊長の昔話を一度見てみたかった。

 

「鬼の隊長も心霊現象にだけは弱かった」と言うアマギ隊員。そう言うあなたは弱いものが多すぎです。

 

マルサン倉庫は実は超兵器開発基地で惑星間長距離ミサイルの開発を行っていた。ひょっとして「超兵器R1号」の事か?

 

安井にデタラメな予言をさせてウルトラ警備隊の気を逸らし、その隙に地球防衛軍基地を襲撃する。そんな事は予知能力を使わなくたって誰だって分かるぞ、シャドー星人。

 

安井を安全な場所に移すウルトラセブン

野長瀬監督が『ウルトラマン』の「人間標本5・6」でやった巨大なウルトラ戦士と人間とのドラマのバリエーション版と言える。

 

今回のウルトラセブンはガブラの毒に苦しんで倒れて終わりと言う珍しい退場シーン。因みにウルトラマンとハヤタ隊員と違って、ウルトラセブンダンは肉体的なダメージを受け継いでいる。

 

そう言えば水晶占いって水晶に何が見えているんだろう? 気になる…。