読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「人間牧場」 『ウルトラセブン』制作第22話

ウルトラセブン

「人間牧場」

ウルトラセブン』制作第22話

1968年3月3日放送(放映第22話)

脚本 山浦弘靖

監督 鈴木俊継

特殊技術 大木淳

 

宇宙怪人 ブラコ星人

身長 2m

体重 170kg

世界各地で様々な生物をさらい、自分達の食糧である赤い胞子を繁殖させようとした。女性ホルモンが一番適している事を知ると全ての女性を人間牧場にしようと考える。怪力の持ち主だが、キリヤマ隊長にウルトラガンで倒された。円盤は火花や捕獲光線を使うが、こちらもウルトラ警備隊に倒された。赤い胞子は土星の鉱物から放射されるα73で消去された。

 

物語

アンヌ隊員の友人ルリ子が行方不明になった。発見された彼女の腕には謎の赤い胞子が…。

 

感想

アンヌ隊員の知り合いが事件に巻き込まれる第3弾。

異変を察知したアンヌ隊員はまず靴の中の照明弾で辺りを照らす。常に何かを持っているとはさすがウルトラ警備隊員。その後もただちにウルトラ警備隊に報告するのは的確な判断で良いのだが、報告が「何か」だけではよく分からないぞ。でも、ウルトラ警備隊はちゃんと来てくれた。

 

ポインターが空を飛ぶ。ビックリだ!

ハイドランチャーを持って来るには時間がかかりすぎるので、すぐにでも調査が開始できるこの装置は素晴らしいのだが、残念ながら円盤は発見できなかった。次からはソナーも付けてほしい。でも、2回目以降の調査はハイドランチャーを使った方が良かったと思う。

 

メディカルセンターに侵入したブラコ星人。どこから入ってきた? ウルトラ警備隊も危機管理がなってないぞ!

ブラコ星人に襲われてしまったアンヌ隊員。今度はパラライザーを持っていなかった。

 

ブラコ星人の目的は食糧確保。あまり考えも無しに「地球を我々の手に…!」と言う宇宙人が多いのだが今回は違った。

 

「非常手段だ!」と叫んでウルトラホーク3号で特攻するダン。本当にムチャクチャだ。いくら時間が無いからと言っても他に方法があっただろうに…。

 

ウルトラセブン土星に向かおうとしていると考えるキリヤマ隊長。正体を知っているのか? まぁ、ウルトラセブンはいつも全てを見通しているような行動を取っているので、今回もウルトラセブンなら全て分かっていると考えたのだろう。

 

強いぞ! ウルトラホーク1号! ウルトラセブンを助け、ブラコ星人の円盤を撃破!
回転すると攻撃力が上がるのだろうか?(よく目を廻さなかったなぁ…)

今回は最後にウルトラセブンと宇宙人との戦いが無い変則的な回。ワンパターンを避けようと、また『ウルトラマン』とのイメージの重なりを避けようとする努力が見える。

 

ラストシーンで皆の心配をよそに絵を描いているダン

元々、ウルトラセブンは恒点軌道図作成が仕事の観測員340号。久し振りに宇宙に出て、その思いを筆に込めたか。それとも、あれが軌道図なのかも。

どちらにせよ、皆が心配しているのだから早く帰れよと言いたい。まだダンの心は地球より宇宙にあったのだろうか?

 

今回は白黒や緑一色のシーンや枠越しの絵等、色々と凝った絵が見られる話だった。