読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「海底基地を追え」 『ウルトラセブン』制作第21話

ウルトラセブン

「海底基地を追え」

ウルトラセブン』制作第21話

1968年2月25日放送(放映第21話)

脚本 赤井鬼介

監督 鈴木俊継

特殊技術 大木淳

 

宇宙海底人 ミミー星人

身長 80cm

体重 25kg

沈没した戦艦大和をアイアンロックスに改造して地球防衛軍の基地を次々に襲った。泡や捕獲光線を使ってハイドランチャーを捕獲するも最後は倒されてしまった。円盤のみの登場。

 

軍艦ロボット アイアンロックス

全長 80m

体重 15万t

ミミー星人が沈没した戦艦大和を改造して作った。各種砲撃で撃って撃って撃ちまくる。対ウルトラセブン用に捕獲チェーンを有している。制止してから15分後に爆発するらしい。ローリングスパークとエメリウム光線の連続攻撃で爆発炎上した。劇中の話を聞く限り他にも何隻かあったようにも思える。

 

物語

次々に沈没する船。調査を開始したウルトラ警備隊第二次世界大戦で沈没したはずの戦艦大和が関係している事を知る。

 

感想

イスカンダルの技術で地球人が宇宙戦艦に改造するより早く宇宙人の手によって地球攻撃用に改造された戦艦大和。怪獣以外の敵が出てくるのはワンパターンを打ち破る為に良く、各作品に1回か2回は出てほしい。

 

ミミー星人は沈没した戦艦を改造すると言う珍しい作戦をとった。しかし、材料は現地で賄えるし、大きな宇宙戦艦を宇宙から持って来たらバレやすいので理には適っている。
 

ミミー星人が下田を襲った理由がよく分からないが、狙いが地球防衛軍基地なら下田で爆発しても地球防衛軍基地を壊滅できる程の爆弾を積んでいたのかもしれない。

 

今回はキリヤマ隊長自ら出撃。その為、タケナカ参謀が指示を出す場面がある。佐原さんが隊長役をしている作品も一度見てみたかった。

 

やはり惜しいのはアイアンロックスの静止時間と爆発予定時間が合わない事。キリヤマ隊長がアイアンロックスを倒すシーンが夜だったら…。その他にも静止しても爆発せずに攻撃を再開したり、エメリウム光線で爆発しても何も起こらなかったりと最後が上手くまとまっておらず、とりあえずいつものパターンで終わらせた感じ。戦艦大和を改造すると言うアイデアや時計をバックにしたキリヤマ隊長とタケナカ参謀のシーン等、良い要素があっただけに残念。

 

本作は宮崎英明さんが赤井鬼介と言うペンネームで書いた作品である。

ウルトラマン』の未使用シナリオが土台となっている為か『ウルトラマン』を思い出させる部分がある。科特隊と同じパリ本部と言う名称の他、冒頭の船長役で『ウルトラマン』の「沿岸警備命令」でも船長役だった柳谷寛さんが出演している。因みに、この未使用シナリオは一峰大二さんの漫画『ウルトラマン』に「怪獣ヤマトン」として使用されたらしい。