読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「地震源Xを倒せ」 『ウルトラセブン』制作第20話

ウルトラセブン

地震源Xを倒せ」

ウルトラセブン』制作第20話

1968年2月18日放送(放映第20話)

脚本 若槻文三

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 的場徹

 

暗黒星人 シャプレー星人

身長 170cm

体重 60kg

岩村博士の助手の榊として密かにウルトニウムを採取していた。催眠銃や銃を使う。プレートを使って元の姿に戻る。ウルトラガンに撃たれ、ギラドラスの名を叫びながら炎上した。

名前の由来はアメリカの天文学者「ハーレー・シャプレー」かららしい。

 

核怪獣 ギラドラス

身長 65m

体重 16万t

シャプレー星人がウルトニウム採取に使っていた怪獣。地球の核を構成する物質を得ていたからか、天候を操る事が出来る凄い奴。アイスラッガーで倒された。

 

物語

謎の地震源を調査する事になったウルトラ警備隊は岩村博士に意見を求める事になったのだが…。

 

感想

ヤマオカ長官に対して「そっちから来い!」と言える岩村博士は『ウルトラセブン』のゲストの中でもインパクトは大!

岩村博士に戦々恐々とするウルトラ警備隊の反応も面白い。今回はビビるダンに対してアンヌ隊員は冷静。「ダーク・ゾーン」とは逆の関係でこちらも面白い。

 

道に迷うラリー車。何故に方向音痴にナビをさせる?

それにしても日本の街中でラリーと言うのはイマイチ実感が湧かない。

 

催眠術で相手の影の形を変えられるシャプレー星人。単純だが最初に見た時は素直に引っ掛かってしまった。

 

大事な変身用のプレートを落としてしまうシャプレー星人。君はダンか?

 

変身道具に変身ポーズ、果ては爆発と共に登場と、カッコ良すぎるぞシャプレー星人!

 

暗雲の中、雷や吹雪を伴った戦闘シーンがカッコ良すぎ! 荒野が舞台である事が多い『ウルトラセブン』では珍しく燃える戦闘場面だった。

 

出来れば最後にオチとして、岩村博士がマグマライザーのフルハシ隊員達に「遅い! 今頃何しに来た!」と怒鳴ってほしかった。