読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「プロジェクト・ブルー」 『ウルトラセブン』制作第19話

ウルトラセブン

「プロジェクト・ブルー」

ウルトラセブン』制作第19話

1968年2月11日放送(放映第19話)

脚本 南川龍

監督 野長瀬三摩地

特殊技術 的場徹

 

宇宙帝王 バド星人

身長 2m~40m

体重 80kg~5千t

典型的な小物の悪人の為、必ず「自称」と付けられてしまう哀れな宇宙の帝王。一つ一つきちんと説明してくれるので視聴者にとっては良い人?

自分達以外の知的生物の存在を認めず、かつて冥王星人を根絶やしにした事がある。人間大時は銃を、巨大化時はメリケンサックを武器とする。かなり身軽。ウルトラガンで倒され、最後の一人もウルトラセブンに投げ飛ばされて倒されてしまった。よ、弱い…。

劇中では「バドー星人」と呼ばれていた。名前の由来は「覇王」からだろうか?

 

物語

プロジェクト・ブルーの責任者である宮部博士の帰宅を狙ってバド星人が暗躍する。

 

感想

磁力線の網で地球と月を覆うプロジェクト・ブルー。最強の守りなのにこれ以降の出番が無い。おそらく攻撃は最大の防御として、プロジェクト・ブルーより超兵器計画の方が優先されたのだろう。

 

今回の話にはアマギ隊員とソガ隊員が出ていないが月基地にいると説明されていた。アンヌ隊員がいない時もこういう風に説明してほしかった。

 

名前だけだが宇宙ステーションV2が登場。『ウルトラマン』に登場したものとは無関係らしい。

 

自白電波にも耐えた宮部博士。凄いぞ!

 

鏡の中に入るシーンは水を使った演出なのだが、なかなか良かった。

 

戦闘シーンは完璧にプロレスで、そのまま『ウルトラファイト』に使えそう。最後のバド星人が口から血を吐くシーンはちょっと気持ち悪い。

 

妙に印象に残ってしまう宮部博士の妻のグレイス。最初に見た時はグレイスは既に宇宙人と入れ替わっているのかもと思った。

妻の服にプロジェクト・ブルーの秘密を書き込んでいた理由がよく分からないが、宮部博士はイタズラ好きらしいので、こういう遊びはよくやっているのかもしれない。(いい迷惑だ)

 

バド星人は地球を木っ端微塵に出来る爆弾を持ち込んでいたがプロジェクト・ブルーの秘密に固執していた。おそらくプロジェクト・ブルーの技術が欲しかったのだろう。最後に宮部博士を連れ去ろうとしたのも、人質の他に技術力として必要だったのかもしれない。

 

今回と次回は小難しい理屈は抜きにして素直に楽しむのが良い。野長瀬監督の娯楽志向は『ウルトラマン』に比べてやや暗い『ウルトラセブン』にあって貴重。

ところで、どうしてペンネームが南川竜から南川龍に変わったのだろうか?