読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ウルトラ警備隊西へ 後編」 『ウルトラセブン』制作第18話

ウルトラセブン

ウルトラ警備隊西へ 後編」

ウルトラセブン』制作第18話

1968年1月14日放送(放映第15話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

策略星人 ペダン星人

身長 2m 体重 50kg

ダンにライトンR30爆弾の開発中止と引き換えに地球から手を引くと持ちかけるが結局は侵略行為を始めた。母星から宇宙船団を呼び寄せるが、キングジョー敗退を受けて逃げようとしたところをワイドショットで倒され、それを知って宇宙船団も引き返した。

実は出身地が『ウルトラマン』のザラブ星人と同じ第8銀河系となっている。やっぱり裏切るから?

 

宇宙ロボット キングジョー

身長 55m

体重 4万8千t

目からレーザーを撃ち、ウルトラセブンのあらゆる攻撃を撥ね返す。しかし、足元が少し弱い。ライトンR30爆弾を受けて機能が停止し、そこにペダン星人の円盤が落下した爆発で瓦礫と化した。

劇中では「スーパーロボット」と呼ばれていた。

 

物語

ダンはペダン星人と会って事態を平和的に解決しようとする。

しかし、遊星間戦争と言う状況の中、ダンの理想は脆くも…。

 

感想

前回のラストシーンがウルトラセブンの危機で盛り上げたのに意外とあっさりとその危機は回避。これ以降のウルトラシリーズでも前編での危機的状況が後編であっさりと解決する事が何度かある。

 

今回もスパイ風の展開。変装した隊員達を見られるが、かなり怪しい。

 

アンノンの時に続いて、また同じ失敗を犯した地球。前回同様ダンが仲介役を務めるが、素直に聞いてくれたアンノンと違ってペダン星人は裏切ってしまった。

 

夕焼けが美しいダンとペダン星人の波止場での会話。

ダン星人が仲間にならないか?と言ってきたのには驚いた。ウルトラ戦士に仲間になれと言う敵はあまりいない。

 

ダン星人が言った「地球が平和なら他の星はどうなっても良いのか?」や「他人の家を覗いたり石を投げ込んだりするのはルールに反している」はまったくもって正しい。自分がされて嫌な事は他人にもしてはならない。分かってはいる事だが言われないと気付かない。

 

ダン星人の言い分を信じられない地球人だったが、観測用のロケットが侵略でない事を信じないペダン星人に怒りを顕わにしていたのも地球人。自分の事を棚に上げている。

「相手を信じなければ永遠に平和を掴めない」と必死に訴えるダン

嫌がる事を相手にされ、それが相手への不信に繋がり、その積み重ねが、やがて争いへと発展していく。

 

ダン星に打ち込まれた観測用ロケットの目的はこの時点ではまだ早いかもしれないが、もし観測の結果、ペダン星が無人の星と判明していたら、ある超兵器の実験場にされていた気がする。

 

報復がいきなり侵略に転じてしまったと言われるペダン星人。おそらく報復はあくまで口実で、最初から地球侵略が目的だったのではないだろうか? 一方の地球人もライトンR30爆弾の開発は中止していなかった。結局、どちらも相手の事など考えていなかったのだ。本作は理想主義的なダンが戦争と言う現実に翻弄される話だったと言える。

 

ショック療法でドロシーの記憶を治したアンヌ隊員。いつの間にそんな能力を?

 

金城さんは今回の話以降は『マイティジャック』の制作に関わるので『ウルトラセブン』はあまり書かなくなる。今まで18話中10話に関わっていたのに、これ以降は31話中わずか5話。『ウルトラQ』の全28話中12話、『ウルトラマン』の全39話中14話に比べても明らかに少ない。内容も「零下140度の対決」(設定変更話)、「蒸発都市」(円谷監督との最後のコンビ作)、「ノンマルトの使者」(視聴者応募の怪獣登場)、「史上最大の侵略」(最終回)となっている。

反対に上原さんと市川さんは残り31話中14話に関わっていて、ウルトラシリーズが一つの転換期を迎えていた事が分かる。