読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ウルトラ警備隊西へ 前編」 『ウルトラセブン』制作第17話

ウルトラセブン

ウルトラ警備隊西へ 前編」

ウルトラセブン』制作第17話

1968年1月7日放送(放映第14話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 高野宏一

 

策略星人 ペダン星人

身長 2m

体重 50kg

地球が打ち上げた観測用のロケットを侵略行為と捉えて報復を宣言。防衛会議の出席者を次々に殺害した。ドロシー・アンダーソンに成りすまして地球防衛軍の動向を探る。

 

宇宙ロボット キングジョー

身長 55m

体重 4万8千t

ダン星人の4機の宇宙船が合体した。エメリウム光線アイスラッガーを撥ね返してウルトラセブンを圧倒する。

名前の由来は金城さんの父親のニックネームから。劇中、未呼称。

 

物語

地球が打ち上げた観測用のロケットを侵略と捉えて報復を宣言したペダン星人。ウルトラ警備隊はドロシーを護衛する事になるが…。

 

感想

いきなり怪しさ大爆発なマービン。これで宇宙人と間違えるなと言う方が無理がある。ところでマナベ参謀もマービンの事を知らなかったのはいくらなんでもおかしいと思う。

 

殺人事件の調査に乗り出そうとするソガ隊員達だが、地球防衛軍が人間相手の事件に乗り出すのはまずかろう。キリヤマ隊長が言うようにウルトラ警備隊の任務は宇宙からの地球防衛なので、これは警察の仕事だ。(まぁ、結局はウルトラ警備隊が関わる事になるのだが…)

それにしても、わずか数人殺されただけで日本に外人がいなくなるかもとは凄い。当時は外人がまだ少なかったのだろうか?

 

今回(に限らず『ウルトラセブン』では多いのだが)はスパイ風の展開。

ドロシーのガムを噛む音が信号だったとは驚きだ。

 

ドロシーを護衛する際にフルハシ隊員は「地球は一つ」と言うが、その視点を地球から宇宙にまで広げる事は無かった。『ウルトラセブン』の遊星間戦争と言う設定を実際の紛争(当時で言えば冷戦)に当てはめると、この「地球は一つ」と言う言葉には凄い皮肉が込められているように思える。

 

ロボット怪獣は過去にもガラモンやナースがいるがキングジョーの存在感は抜きん出ている。

この後はロボットアニメの登場とは逆にウルトラシリーズではロボット怪獣の登場が少なくなるが、平成に入ってCG技術が導入されると『ウルトラマンダイナ』のデスフェイサー、『平成セブン』のキングジョーⅡ、『ウルトラマンコスモス』のグインジェ等、キングジョーでは発展途上だった合体分離変形機能をふんだんに取り入れたロボット怪獣が次々と登場するようになった。

 

ウルトラセブンとキングジョーの戦いは水面に映った絵等、色々と工夫があって見応えあり! さぁ、エメリウム光線アイスラッガーも効かないキングジョー相手にどうするウルトラセブン!?