読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「地底GO! GO! GO!」 『ウルトラセブン』制作第16話

ウルトラセブン

「地底GO! GO! GO!」

ウルトラセブン』制作第16話

1968年1月28日放送(放映第17話)

脚本 上原正三

監督 円谷一

特殊技術 大木淳

 

地底ロボット ユートム

身長 280cm

体重 2t

謎の地底都市を徘徊しているロボットで複数存在している。右手の銃が武器。頭部が弱点でウルトラガンやワイドショットで次々に倒されていった。

名前の由来は「ユートピア」から。劇中、未呼称。

 

物語

落盤で炭鉱に閉じ込められた青年・薩摩次郎。彼こそウルトラセブンが初めて出会った地球人でモロボシ・ダンのモデルとなった男だったのだ。

 

感想

遂に明かされるダン誕生の秘密。それにしても何故この時期だったのだろう? 中途半端な。

 

ウルトラマンと合体する以前からハヤタ隊員は地球人として存在していたが、ダンウルトラセブンが薩摩次郎をモデルに生み出した存在。この違いがハヤタ隊員には無かった「悩めるヒーロー」と言う要素をダンに与える事になる。

 

薩摩次郎の名前の由来は鹿児島県の旧名・薩摩から。

ウルトラセブンが薩摩次郎をモデルに地球人ダンになったと言う設定は薩摩に取り込まれて日本人にされた沖縄(琉球)人と重なる。

 

当然ながらダンと薩摩次郎の顔は同じ。それなら炭鉱の人はダンの顔を見て驚くのが普通では?

 

マグマライザー登場! 科学的にどんなにおかしかろうと、やっぱり地底戦車は格好良い! ドリルだよなぁ、やっぱり。

 

地底都市は当時のSFっぽくて良い感じ。

 

チュー吉は最後にどうなったか姿が見えない。死んじゃったのか? 物語の始まりだったので、そこのフォローはしてほしかった。(脚本ではチュー吉は死んでしまったらしい)

 

ダンがウルトラアイを何かの装置で遠隔操作するが、これは自分で作ったのかな。これ以降は使われなかったところを見ると、すぐに壊れてしまったのかもしれない。

 

薩摩次郎は前回も今回も自分がウルトラセブンに助けられた事を知らない。二度も助けられたのに話はおろか姿も見ていない。何とも不思議な関係。

 

地底はまだ未知の世界と言う部分は「史上最大の侵略」の地底はまるで無防備に繋がっていく。また、古代文明の遺跡の可能性がありながら侵略基地かもしれないと爆破してしまう部分は「ノンマルトの使者」に繋がっていく。

 

今回は地底都市の話と薩摩次郎の話を同時にしてしまった為、どちらも消化不良になってしまった感は否めない。

 

前回と今回はスケジュールの関係でフルハシ隊員の出番が少ない。ダン達とは別に調査をしていたり基地に残っていたりと一応のフォローがなされているが、フルハシ隊員が現場にいないとちょっと寂しい。