shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「迫り来るキリコ」 『鉄神ガンライザーNEO』第7話

「迫り来るキリコ」

『鉄神ガンライザーNEO』第7話

2014年8月24日放送

 

ぼっこはいつもは立体映像で出ているのだが、今回はスマホの通話機能のみを使用して姿を現さなかった。そう言う事も可能だったのか。必ず座敷童の姿が出てくるものだと思っていた。
 
奥州市の「日高火防祭」に行ったアラタはそこで自分を尾けていたキリコと遭遇。アラタが変身したところを見たと言うキリコはアラタが本物のヒーローである証拠を見付けると宣言する。
その話を聞いた結はご当地ヒーローだからこそ動けるのであって、本物のヒーローと思われたら身動きが取れなくなってしまうと危惧する。ひょっとして、シーズン3までの戦いもご当地ヒーローの撮影か何かだと思っていた人が多かったのかもしれない。
 
この時の会話でスグルが言った「今の世の中は本物のヒーローがいるなんて信じない」「本物のヒーローがいると信じられる世の中の方が希望があると思う」と言うのは聞いていてハッとするセリフ。
そう言えば、いつの間にか、そう言う「夢」のある会話ってしなくなったなぁ…。大人になるとヒーロー作品を見ても製作事情とかの「現実」ばかり語るようになっちゃうし…。
 
岳に続き、今度はケンジが日高見家に登場。
ここでケンジに向かってキチンと自己紹介できる辺り、アラタは現状を受け入れたようだ。
ケンジはヒデージャ達が弱まっている今のうちに本拠地に攻め込むべきと発言。さらに鬼用の新兵器も開発していた事を明かす。
シーズン2で羅刹を倒した後も新兵器を開発していた時も思ったが、シーズン3でヒデージャを倒して一応は敵は全ていなくなったのに、この人はまだ新兵器を開発していたのか…。『NEO』になってもこの人の考えは変わっていないのである意味安心した。
そして凄いのはこのケンジさんを唖然とさせるスグルのキャラであろうw 結も怪訝な顔していたけれど、見ている自分もケンジさんがどこかでキレるんじゃないかとヒヤヒヤしたw 実際は唖然としているうちに時間切れになってしまったが…。
 
何故か日高見家に居座り続ける露伴先生。
その理由を本人は「小さい頃から両親がいなくてずっと孤児院で育って来たので、アラタの家のようなにぎやかな家が羨ましい」と説明する。
直後に「嘘」と言っているが、後の展開を見るにおそらく真実だったんだろうな…。
 
今回のNEOはモッコに圧勝。NEOが強くなったのもあるが、戦ったアラタによるとモッコの方も弱くなっているとの事。
 
ぼっこによるとガンライザーに流れている物の怪の血とは鬼の血との事。
つまり、ジョー、ジン、アラタは羅刹やヒデージャと同じであったのだ。