読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「V3から来た男」 『ウルトラセブン』制作第13話

ウルトラセブン

「V3から来た男」

ウルトラセブン』制作第13話

1967年12月24日放送(放映第13話)

脚本 市川森一

監督 鈴木俊継

特殊技術 高野宏一

 

宇宙鳥人 アイロス星人

身長 ミクロ~30m

体重 ほぼ0~1万3千t

宇宙ステーションV3の防衛網を破って地球に侵入し、フルハシ隊員とアマギ隊員を拉致して地球防衛軍基地に影を送り込んだが、キリヤマ隊長とクラタ隊長の活躍で円盤は撃墜された。

アイロス星人は口から光弾を吐き、エメリウム光線アイスラッガーも通用しない強敵振りを見せたが最後はワイドショットで倒された。

名前の由来は古代アテナイ三大悲劇詩人の一人「アイスキュロス」から。

 

物語

宇宙ステーションV3の防衛網を破ってアイロス星人が地球に襲来。アイロス星人への対処を巡ってキリヤマ隊長とクラタ隊長は対立するが…。

 

感想

クラタ隊長登場!

人気があるのにクラタ隊長を引き継ぐキャラクターは意外と少ない。どうしてだろう?

 

アイロス星人に送り込まれた影のフルハシ隊員とアマギ隊員がはっきり言って怪しすぎ。逆にキリヤマ隊長はどうして気付かなかった?とツッコみたいレベル。

 

今回の話はソガ隊員とマナベ参謀が実に良い味を出している。

 

実は今回もアンヌ隊員は出ていないのだが何故か気にならない。

 

爆風の中の変身、最強光線ワイドショット炸裂、ウルトラホーク1号と3号の連携プレー等、とにかく戦闘シーンが面白い話。

 

最後に登場した怪獣をアイロス星人とするのが一般的だが、自分は怪獣とアイロス星人は別の存在で、アイロス星人は最後まで宇宙船の中にいて姿を見せていなかったと考えている。

 

本作は市川森一さんのウルトラシリーズデビュー作。