読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001年公開)

ゴジラモスラキングギドラ 大怪獣総攻撃』

2001年12月15日公開

監督 金子修介

特殊技術 神谷誠

脚本 長谷川圭一・横谷昌宏・金子修介

 

ミレニアムシリーズの面白さは1作ごとに世界観が変わるところ。
昭和シリーズと平成VSシリーズは同一の世界観でシリーズを続けていたので、後半に入るとゴジラのイメージがある程度固まっていった。それは安心と安定をもたらす半面、シリーズを経るごとに決まり事が増えていって、やれる事に制限が出来ていってしまった。それに対してミレニアムシリーズは作品ごとに世界観をリセットし、それに伴って決まり事や制限を少しずつ崩していった。
 
まず『ミレニアム』で昭和シリーズと平成VSシリーズをリセットして新たなシリーズを始め、平成VSシリーズの要素を引き継ぎながらも平成ガメラや『GODZILLA』が提示した新たな要素も取り込んでいった。続く『×メガギラス』では1作目すらパラレル扱いにすると言うゴジラシリーズ始まって以来の決断が行われ、本作『GMK』ではゴジラに対する一般的なイメージを白目ゴジラによって完全に破壊するに至った。
 
過去のキャラクターを設定を変えて再登場させる一方、それまできれいに統一されていた世界観を破壊する事で袋小路に入りかけていたシリーズに新たな道を拓くと言う作りは後に作られたウルトラシリーズの『ウルトラマンマックス』や仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーディケイド』に通じるものがある。
 
本作は久し振りに怪獣によって徹底的に蹂躙される人間が見られる。
これは初期の怪獣映画にはあったが、怪獣がキャラクター化されていく過程で弱められていった要素であった。(避難シーンはどの作品にもあるが、死亡シーンがある作品は意外と少ない)
 
ゴジラ誕生から半世紀。
その間に怪獣のイメージも随分と変わり、どんなに原点回帰を謳っても初期の怖さを取り戻すのは難しくなった。そこを本作ではゴジラを白目にして人間を殺すシーンを多くする等、表現を強くする事で何とか初期の怖さを再現できた。
 
怪獣に蹂躙される人間と言う怪獣映画初期のテイストを再現した一方、怪獣同士の対決は「〇〇対〇〇」時代を彷彿とさせる、いわゆる怪獣プロレス的な肉弾戦が繰り広げられた。
 
怪獣出現に対する政府や軍の反応を描くと言うのは80年代頃から見られた要素で、軍関係者をドラマの中心に据えるのも平成辺りからよく見られた展開。(昭和シリーズも軍関係者は出ていたがドラマを担う事は少なかった)
 
古代の伝奇が怪獣出現に絡むのは初期の怪獣映画にも見られたが、よりオカルトの度合いを強くしているのは90年代後半辺りのイメージがある。
狙ってか狙わずしてか、本作は怪獣映画半世紀を見る事が出来る作品となった。
 
ミレニアムシリーズの中でも面白い作品なのだが、立花准将と護国三聖獣の話があまり絡んでいなかったのが残念。護国三聖獣と自衛隊がクニ(国)を守る為にゴジラと戦うと言う構図なのだろうが、ちょっと弱い。
 
あと、これは自分の好みの話なのだが、後半になるとオカルト色が強くなったと言うか、やたらと精神的なものが出てきた辺りがちょっと乗りきれなかった。
 
この作品に対する最大の不満点はやはり登場怪獣。
平成VSシリーズにもキングギドラメカゴジラが設定を変えて再登場したが、それらは「キングギドラを90年代風に解釈したら?」と言う発想があったので、オリジナルと同じ点や違う点について考察する事が出来たが、本作に関しては別の怪獣の予定で製作が進んでいたのに有名怪獣を出せば観客動員が増えるからと言う理由で差し替えられている。『三大怪獣 地球最大の決戦』関連を思わせる要素を入れて何とかキングギドラが本作に出る理由付けをして入るが、やはり無理を感じる。ここは当初の予定通りの怪獣で見たかった。
 
理想を言えば、ここで新怪獣を出してほしかったと言うのが本音。
実は00年代には新怪獣が誕生していない。
60年代にはキングギドラ、70年代にはヘドラガイガンメカゴジラ、80年代にはビオランテ、90年代にはスペースゴジラデストロイアと言うように、00年代は護国三聖獣がその時代を代表する新怪獣になってほしかった。(00年代じゃなくてミレニアムシリーズならオルガと言う新怪獣がいる事になるが)
 
ミレニアムシリーズは1作ごとに設定の幅が広がっていって、ゴジラはまだまだ色々な事が出来ると物語においては未来に希望を見出す流れであったが、一つの映画として見た場合は新怪獣のオルガが出た後にメガヌロンが復活する事になり今度は内容関係無しに有名怪獣を出せば観客動員が増えるとして登場怪獣が変更され、とても子供向けな内容でないのに『とっとこハム太郎』と併映されたりと、ゴジラ映画に未来は無さそうと感じた。
 
それにしても誰がキングギドラモスラを出せと言ったんだろう…。
あの内容を見てキングギドラモスラを出せと言ったのなら、ゴジラ映画の中身をロクに考えていない人が決定権を持っていた事になるし、逆に内容を見ていなかったからキングギドラモスラを出せと言えたと言うのなら、ゴジラ映画の中身を見ていない人が決定権を持っていたと言う事になる…。
やはり本作は見る度にゴジラシリーズに対する希望と絶望が同時に湧き上がってくる作品である。