読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「魔の山へ飛べ」 『ウルトラセブン』制作第12話

ウルトラセブン

魔の山へ飛べ」

ウルトラセブン』制作第12話

1967年12月10日放送(放映第11話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 的場徹

 

宇宙野人 ワイルド星人

身長 220cm

体重 150kg

老衰で滅びかけた種族を救う為に生命カメラで人間の若い命を奪っていた。触覚から赤い光線を放って人間を操る事が出来る。ウルトラガンで炎上してしまった。哀れだ…。

名前の由来はワイルド(野性的)からだろうけれど、名が体を表していない。

 

宇宙竜 ナース

身長 120m

体重 15万t

ワイルド星人の円盤兼護衛役。それなのに目の前でワイルド星人を殺されてしまった。ミサイルを撃ったり、高速回転して相手に催眠をかけたりする。ウルトラセブンに巻きつくも逆にバラバラに千切られてしまった。

名前の由来はナーガ(竜)だろうか?

 

物語

若者の変死を調査中にダンも謎の死を遂げてしまった。ウルトラ警備隊ダンの弔い合戦として何としても謎を解こうとする。

 

感想

「怪しい隣人」での一件やその他色々な理由でアンヌ隊員の出番は無し。しかし、ダンが死ぬ話にアンヌ隊員がいないのはあまりにも不自然。

ウルトラQ』の「ペギラが来た!」や『ウルトラマン』の「まぼろしの雪山」は舞台が南極や遠い雪山だったし、『ウルトラQ』の「カネゴンの繭」や『帰ってきたウルトラマン』の「怪獣使いと少年」はレギュラー陣が出なくても気にならない話だったから良かったが今回は気になる。満田監督の気持ちは分からなくもないが、それなりのフォローをするのが監督なのでは?

 

西部劇をイメージしたのだろうが季節が冬でメチャクチャ寂しい。夏だったら良かったのに…。

 

13日の金曜日」を気にするソガ隊員。この頃からそんな迷信があったのか。

 

人がいないせいか、今回はキリヤマ隊長自ら調査に赴いている。

 

生命カメラは命を吸い取る。ウルトラシリーズでは肉体と精神は別個の扱いが多い。それにしてもダンの命はウルトラセブンではなくダンの姿なのか。ちょっと意外。(ここでダンの命がウルトラセブンの形をしていたら正体がバレてしまうので仕方が無いのだが)

 

戦闘中にウルトラセブンの額にあるビームランプが点滅するが、エネルギーが減ったと言うより意識が遠のいていくのに反応しているみたいだ。

 

いきなり死ぬ主人公や人間の若さを手に入れるのが目的等、内容が『ウルトラQ』の「2020年の挑戦」に似ている。しかし、今回は切迫したワイルド星人や主人公の弔いに燃える仲間達等、「2020年の挑戦」であまり扱わなかった部分を取り上げている。