読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「アンドロイド0指令」 『ウルトラセブン』制作第11話

ウルトラセブン

「アンドロイド0指令」

ウルトラセブン』制作第11話

1967年11月26日放送(放映第9話)

脚本 上原正三

監督 満田かずほ

特殊技術 的場徹

 

頭脳星人 チブル星人

身長 2m

体重 500kg

オモチャ爺さんとして1年前から子供達にオモチャを配っていた。ワッペンを使ってオモチャを本物に変え、子供達を催眠状態にする計画だった。さらに「アンドロイド0指令」の妨げになるダンを抹殺するべくゼロワンを制作した。しかし、実際の戦いではウルトラセブンエメリウム光線であっけなく溶けてしまった。よ、弱い…。

名前の由来は沖縄の言葉で「頭」。劇中、未呼称。

 

アンドロイド少女 ゼロワン

身長 2m

体重 90kg

普段は人形だが自在に人間になれる。ダン抹殺が使命だったが相手の顔も知らなかった。手から高圧電流や光線を放つ。エメリウム光線で破壊された。

劇中、未呼称。

 

物語

フルハシ隊員が襲われた。調査を開始したウルトラ警備隊は子供達にオモチャを配るオモチャ爺さんを怪しむ。果たして「アンドロイド0指令」とは何か?

 

感想

オモチャの兵器で遊ぶ子供達を見て思ったが、『ウルトラセブン』は『ウルトラマン』に比べて殺伐としているなぁ。

 

分析で大活躍のアマギ隊員。今までソガ隊員との区別があまり付かなかったが、ようやく付いてきた。

 

今回の戦いの舞台は夜のデパート。雰囲気満点なのだが、火薬をバンバン使って怒られなかったのだろうかと心配になる。

 

ソガ隊員を殴ってのダンの変身。後でどう言い訳したかだが、ソガ隊員は負傷していたので無茶をさせたくなかったと言えばOKかな?

 

操演宇宙人であるチブル星人はデザインにオリジナリティがあって良い。操演宇宙人はこれ以降は殆ど見られなくなってしまったが近年はCGの発達によってチブル星人のような人型ではないデザインの宇宙人が再び描かれるようになってきた。

 

ゼロワンはアンドロイドなのにウルトラセブンに追いつめられた途端に「もう何もかも終わりです」と妙に諦めが早かった。

 

今回初めてウルトラセブンからダンに戻るシーンがある。