読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『モスラ3 キングギドラ来襲』(1998年公開)

平成モスラ

モスラ3 キングギドラ来襲』

1998年12月12日公開

監督 米田興弘

特技監督 鈴木健二

脚本 末谷真澄

 

平成モスラシリーズ最終作。
 
最終作なので遂にエリアス三姉妹の対立に一つの答えが示される。やはりと言うか、こういう時に真実に辿り着くのはベルベラであったか。
エリアスのトライアングルでモルが「知恵」でロラが「愛」なのは分かるがベルベラが「勇気」と言うのは意外であった。でも、本来は好きであった人間に対して疑問をぶつけたり憎しみを表に出せるのも一つの「勇気」と言えるかもしれない。人間は本当の事を中々言えないものだから。
 
残念だったのはエリアス三姉妹が揃う場面が少なかった事。
展開上、揃うのは最後に限られていたのは分かるが、そこはもう少し何とかして三人が揃って戦うところも見たかった。
「三つの力が合わさらないとキングギドラに勝てない」と言うのは『三大怪獣 地球最大の決戦』を思い出す展開。そう言えば本作のキングギドラは『三大怪獣 地球最大の決戦』以来の「誰にも操られていないキングギドラ」であった。
 
山口紗弥加さんから建みさとさんにキャスティングが変わったからか、ロラのキャラが変わっていてちょっと違和感…。
 
平成モスラシリーズは子供が主役だが本作では不登校児が主役となっている。
一般的な生活から外れた子供が不思議な現象と遭遇して成長していくと言うのは昔からある定番の一つ。
 
モスラ2』の三好監督がややオーバーリアクションで感情を分かりやすく表現しているのに対し、『モスラ』や本作の米田監督はリアルな空気感や距離感を演出する人と言う印象がある。本作も不登校児の翔太を抱えた園田家の雰囲気と言うか家族と翔太の距離感がなかなかリアルだったと思う。特にレスラーの大仁田厚さんが翔太の父親役を好演していた。イメージからもっと破天荒な父親役になるのかと思ったが、実際にいそうなリアルな父親であった。
 
モスラ』はホラー要素があり、『モスラ2』では子供中心の作劇となっていたが、本作はその「ホラー」と「子供」の要素を合わせた感じ。今回は学校から子供達がさらわれると言う設定で多くの子供達が出ているので「学校の怪談」的な内容となっている。キングギドラも「怪獣」と言うより「巨大妖怪」として見た方がしっくりと来る。今回のキングギドラは足が長くて人のように見えるのが妖怪的で実に気持ち悪くてそれが良かった。
 
キングギドラ登場だからか今回は『ゴジラVSキングギドラ』と同じくタイムスリップ要素がある。歴史改変に関する設定が微妙におかしいのも『ゴジラVSキングギドラ』を彷彿とさせるw
ゴジラVSキングギドラ』も本作もそうだが過去で歴史改変が行われたのなら最初からゴジラキングギドラに関する皆の記憶も変わっているはずなのに皆歴史が変わる前の記憶をちゃんと持っていると言う…。
 
個人的には本作はキングギドラよりオリジナルのもっと妖怪っぽい怪獣を出してほしかった。『モスラ』で過去のモスラキングギドラの話を下敷きにしながらも独自の方向性を打ち出し、『モスラ2』で新怪獣に新要素とこれまでに無い新たなシリーズ像を確立したのに、本作でキングギドラを出し、続くゴジラミレニアムシリーズでも歴代怪獣の再登板が多くなってしまった。
 
シリーズ最終作だからか、宇宙における生物の大量絶滅の半分はギドラ族による虐殺だとか、1億3千万年前にタイムスリップするとか色々と凄い事が行われている。冷静に考えたら東宝怪獣作品どころか日本の怪獣作品においてもチートな事になっている。
 
特撮が川北監督から鈴木監督に変更。
川北監督に比べて鈴木監督の戦闘シーンは1シーンの時間が長くなっているが、戦闘シーンの時間そのものは短くなっているのでテンポが良くなっている。
一方で製作状況の厳しさもあり、合成シーンはあまりに雑。逃げている人に瓦礫が思い切り被さっているカットが幾つかある。また、白亜紀の場面も「キングギドラから見たら恐竜も小っちゃい」と言うのは分かるのだがあまりにも作り物すぎた。
 
1作目ではドラマの流れを断ち切っていたモルとロラの歌だがシリーズを経てドラマの中に上手く組み込まれるようになった。
今回はモルがモスラと謎の言語で会話していたが、あれは『モスラの歌』等に使われている言語と同じものなのだろうか?
 
東宝怪獣でも最強クラスと言われている鎧モスラ
まさかキングギドラ相手にノーダメージで圧勝するとは思わなかった。
キングギドラの羽を斬るわ、体当たりで押し返すわとその圧倒的な強さはカタルシス満点!
 
最後の爽やかにハートフルにハッピーエンドで終わるところが平成モスラシリーズらしくて実に良い。