読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「狙われた街」 『ウルトラセブン』制作第10話

ウルトラセブン

「狙われた街」

ウルトラセブン』制作第10話

1967年11月19日放送(放映第8話)

脚本 金城哲夫

監督 実相寺昭雄

特殊技術 大木淳

 

幻覚宇宙人 メトロン星人

身長 2m~50m

体重 120kg~1万8千t

煙草に宇宙芥子の実を混ぜて人間同士の信頼感を無くそうとした。変身以外に特別な能力は見せなかった。アイスラッガーエメリウム光線で倒され、アパートに隠していた円盤もウルトラ警備隊によって破壊された。

名前の由来はフランス語のメトロ(地下)から。

 

物語

北川町で次々と起こる凶悪事件。やがて、その異変はウルトラ警備隊にも及ぶ。不審に思ったダンは調査を開始するが…。

 

感想

アンヌ隊員の叔父が飛行機事故で死亡。と言う事で、アンヌ隊員の知り合いが事件に巻き込まれる第2弾。

 

昔の自動販売機はこういうデザインだったのかな?

 

ダンが中にいると聞いていながらウルトラ警備隊が円盤を攻撃する事がよく指摘されるが、ひょっとしたら、ダンは円盤の中ではなくてアパートの中にいると思っていたのかもしれない。

 

バンクの変身シーンが残念。隊員服を着ていない時は使わないでほしい。

 

夕焼けの戦闘シーン等、今回は実相寺監督の映像美が楽しめる。特にシルエットの使い方が良い!

 

メトロン星人が宇宙人でなくて人間の科学者だったら『怪奇大作戦』として成立しそうな展開。牧史郎と相手の科学者がちゃぶ台をはさんで話し合うシーンはちょっと見てみたい。

 

有名な最後のナレーション。好きなのだが、はっきり言って本作には合わない。

え、何故ですって?

今回、アンヌ隊員の苗字を漢字にしたり、野球中継を流したり、ちゃぶ台を出したりと、いつもより放映当時を意識した演出なのに遠い遠い未来の物語と言うのはおかしいですから…。