読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宇宙囚人303」 『ウルトラセブン』制作第8話

ウルトラセブン

「宇宙囚人303」

ウルトラセブン』制作第8話

1967年11月12日放送(放映第7話)

脚本 金城哲夫

監督 鈴木俊継

特殊技術 的場徹

 

火炎怪人 キュラソ星人

身長 250cm~43m

体重 250kg~1万t

キュラソ連邦警察が凶悪な殺人鬼として即抹殺を要請した宇宙囚人303。ガソリンがエネルギー源。頭を発光させ、口から火を噴く。スペースポニーの大きさを考えるとミクロ化も可能だと思われる。最後はウルトラホーク1号のβ号と共に自滅した。

名前の由来は「ドラキュラ」から。劇中では「キューラソ星人」とも呼ばれていた。『ウルトラマン』のケムール人の着ぐるみを利用している。

 

物語

謎の電波をキャッチした地球防衛軍。それは宇宙囚人303が地球に逃亡したと言うキュラソ連邦警察からの連絡だった。

 

感想

遂に登場! 宇宙ステーションV3! ただし、クラタ隊長の出番はまだ。

 

ガソリンスタンドに来た外人の女性。あの声はどうにかならなかったのか?

 

コスモポリタス第8惑星から逃亡したと言うキュラソ星人。それならコスモポリタス第8惑星人では…。それともキュラソは別名、又は通称なのだろうか?

 

指示も仰がずに現場の判断でスペースポニーを爆破するウルトラ警備隊。MATなら大問題になりそう。

 

水野家の少年。常に脱出用のロープがあるとは凄い。でも、何故わざわざ危険な窓を降りる? 他にも窓はあっただろう?

 

ウルトラホーク1号は合体していないと大気圏脱出が出来ない。今回の合体分離が格好良かった。ジェットビートルには無かった合体分離機能をフルに使った話だった。

 

今回は脱出の為だけにダンウルトラセブンに変身する珍しい話。

キュラソ星人が巨大化する必要は無かったが、炎に包まれているシーンが格好良いので気にならなかった。

 

なんか哀れなキュラソ星人の最後。既に何人も殺しているので、ダンが言うように自業自得なところがあるのだが本来の罪は何だったのだろうか? 本当に殺人鬼だったのか? もし政治犯とかだったら…?

今回の事件がきっかけで地球とキュラソ星との間に友好関係が生まれたそうだが、なんか釈然としない。