読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「怪しい隣人」 『ウルトラセブン』制作第7話

ウルトラセブン

「怪しい隣人」

ウルトラセブン』制作第7話

1967年12月3日放送(放映第10話)

脚本 若槻文三

監督 鈴木俊継

特殊技術 的場徹

 

異次元宇宙人 イカルス星人

身長 250cm~40m

体重 300kg~1万8千t

別荘を購入して2ヶ月かけて3次元と4次元を結ぶ装置を開発した。4次元世界は住むには不便だが前線基地には最適との事。全身から針のような光線を撃って攻撃するが、ウルトラセブンアイスラッガーを受けて爆発を起こし、最後はウルトラ念力で止めを刺された。円盤も発光や針のような光線を撃って攻撃するが、こちらもウルトラ警備隊によって倒された。

 

物語

アキラ少年は怪しい隣人をずっと観察していた。そして遂に異変を突き止めるのであった!

 

感想

少年探偵気取りのアキラだが、相手が宇宙人だったから良かったものの普通の人間だったらただの覗き。

これ以降、アンヌ隊員の知り合いは次々に事件に巻き込まれていく事になる。

 

第17惑星から来たと言うイカルス星人。第17惑星から来たのなら第17惑星人じゃないだろうか?

 

4次元だとウルトラセブンに変身する事が出来ず、カプセル怪獣も使えない。

この時のカプセル怪獣だが、コントロール装置を破壊した時にダンが戻ってきたのだからカプセルも戻ってきたと思う。

因みに自分が以前見た本では5個あるカプセルのうち2個は空だったそうだ。もしかして倒した怪獣をカプセルに入れて「ゲットだぜ!」と言う予定だったのでは…。

 

ダン!」、「アンヌ!」。今回の話で一体何回叫んだのだろう…?

 

ダンがコントロール装置を壊すとはさすがのイカルス星人も思わなかった。

それにしてもウルトラガンは使えたのね。

 

人間体の時は知性を感じさせるイカルス星人だったが巨大化するとただの怪物。決着があっさりしていて、やや消化不良気味。今回の戦いのメインは対円盤戦となっていて、イカルス星人はなかなか良いデザインなのに話の中では脇役。この辺りが成田さんの降板に関係していったのかもしれない。

 

宇宙にも行けるウルトラホーク1号にちょっとビックリ。

 

ラストに地球は狙われているので少しでも怪しい人がいたらすぐ通報するようにと言うナレーション。遊星間戦争と言う戦時下なのは分かるが殺伐とした世界だ…。

 

因みに今回の収録でアンヌ隊員役の菱見百合子さんがロケ先のシャンデリアを壊してしまった為、「魔の山へ飛べ」での出番が無くなってしまったそうだ。