読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「消された時間」 『ウルトラセブン』制作第6話

ウルトラセブン

「消された時間」

ウルトラセブン』制作第6話

1967年10月29日放送(放映第5話)

脚本 菅野昭彦

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

宇宙蝦人間 ヴィラ星人

身長 180cm~40m

体重 100kg~1万t

時間停止光線でユシマ博士に「ヴィラ星人の心」を植え付けた。ユシマ博士に地球防衛軍基地を破壊させ、宇宙船団で地球を侵略しようとした。口から光線や黄色いガスを吐く。ウルトラセブンのハンドショットとアイスラッガーで倒され、宇宙船団もウルトラ警備隊の前に全滅した。

「全宇宙の征服者」だそうだ。

 

物語

地球の頭脳と言われるユシマ博士がユシマダイオードを持ってやって来た。しかし、ユシマ博士は既にヴィラ星人の手にかかっていて…。

 

感想

本当に29歳なのか? ユシマ博士。

 

時間を消せる(正確には停止)のなら、それで地球防衛軍ウルトラセブンを倒せば良いのに…。まぁ、地球防衛軍にはあらゆる光線を防ぐバリアーとか有りそうだし、人間に効いてもウルトラセブンには効かなかったなんて事もあったので、使わなかったのではなく使えなかったのかもしれない。

 

「ヴィラ星人の心」を植え付けた。洗脳したと言う事だろう。

 

今回も運転手ダンが見られる。

この場面ではユシマ博士のセリフがカットされているのでダンがユシマ博士を疑うのがやや唐突に見える。因みにカットされたセリフは「夕べ防衛軍に宇宙人が1人紛れている夢を見た」だそうだ。

 

前回と同時撮影の為かヤマオカ長官が今回も登場。

ヤマオカ長官は『ウルトラセブン』には計4回登場。あれ? 意外と少ない。

 

地球防衛軍のレーダーが壊れたので容易に地球に侵入できた宇宙船団。

本当に宇宙ステーションは何してる?

 

ユシマ博士の罠に引っ掛かってしまうダン。若いなぁ。

因みに似た状況だった『ウルトラマンレオ』の「飛べ! レオ兄弟 宇宙基地を救え!」では上手く対処している。成長したなぁ。

 

ウルトラセブンに変身し独房を破壊して脱出するダン

カメラが無ければ、真実を知っていたウルトラセブンに助け出してもらったと言えるが…。でも、カメラが無いと言うのはちょっと無理があるか…。

 

なんとウルトラセブンはユシマ博士に向かってエメリウム光線を撃つ! お、おそらく威力は弱めてあったのだろう…。

 

巨大化する理由は無かったヴィラ星人。しかし、操演宇宙人との格闘を実現させた心意気が良い。戦闘場所の日本庭園が素晴らしい。個人的には特撮は都会より日本的な場所の方が好き。

 

今回はウルトラセブンとヴィラ星人、ウルトラ警備隊と宇宙船団の戦闘を交互に映し、最後にヴィラ星人の上に宇宙船団を落として炎上させる事で、今までウルトラセブン登場後は全く出番が無くなっていたウルトラ警備隊を最後まで出す事に成功している。

そう言えば今回はウルトラ警備隊が初めて活躍した話かもしれない。