読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「姿なき挑戦者」 『ウルトラセブン』制作第5話

ウルトラセブン

「姿なき挑戦者」

ウルトラセブン』制作第5話

1967年10月1日放送(放映第1話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

宇宙狩人 クール星人

身長 2m

体重 75kg

数年前から人間標本を集めて地球侵略の準備を進めていた。保護色を使った円盤から光弾を発射する。最後はアイスラッガーで倒され、円盤もエメリウム光線で破壊された。

名前の由来はクール(冷酷)から。ウルトラシリーズで初めての操演宇宙人。

「人間なんて我々から見たら昆虫のようなものだ」だそうです。

 

カプセル怪獣 ウインダム

身長 ミクロ~40m

体重 ほぼ0~2万3千t

ダンの持つ黄色いカプセルから登場。額から放射光線を撃ってクール星人の小型円盤を倒すも合体した小型円盤の前に敗退した。

 

物語

次々と起こる人間消失事件にウルトラ警備隊が調査に乗り出すが、その前にモロボシ・ダンと名乗る謎の青年が現れる。

 

感想

放映第1話だけあって、ウルトラ警備隊が詳しく紹介されている。隊歴まで紹介するのは珍しい。

ソガ隊員とアマギ隊員も肉体派と頭脳派に紹介されて区別が付いた。

 

ヤマオカ長官と4人の参謀も登場。

これ以降の出番が無いせいか、ヤナガワ参謀とボガード参謀が妙に目立っている。

 

人間消失事件を宇宙人の仕業だとするヤマオカ長官の意見にキリヤマ隊長は驚きを見せる。おそらく地球防衛軍結成から今まで宇宙人の地球侵入を許していなかったのだろう。

 

怪しさ大爆発なダンポインターの動きを止め、いつの間にかポインターの上に乗っかり、何故かウルトラ警備隊やクール星人の事を知っていて、ただの風来坊で、名前はモロボシ・ダンとでもしておきましょうって…。あんた何者だ? ダンは偽名なのか?

しかし、こんなダンを、ポインターの運転は仕方が無いにせよ、作戦室に入れ、作戦を仰ぎ、おまけに臨時隊員、さらに最後は正隊員。地球防衛軍って…。

 

ダンの透視能力が今回から目が十時に光るパターンになる。

 

クール星人はバルタン星人のような着ぐるみではなく操演で表現されていて『ウルトラマン』の宇宙人との差別化が為されていた。

 

特殊噴霧装置で赤くなったクール星人の円盤。ところが中に収納されていた小型円盤まで赤かったりする。偶然、同じ色だったのかな?

 

ウルトラセブン』初のウルトラ警備隊対円盤の戦い。最初の頃のウルトラ警備隊は弱い…。

 

今回から変身シーンに「デュワ!」の声が入る。それにしても、今回のウルトラアイはどこから飛んで来た? それから変身シーンが隊員服のままなのは何とかしてほしかった。

 

エメリウム光線のポーズ違いが登場。ポーズが違うと威力や射程距離が変わったりするのだろうか?

 

ウルトラ警備隊7番目の隊員」だから「ウルトラセブン」と言う名付けシーンがカットされたのは残念。言っては悪いが、『ウルトラマン』放映第1話と比べるとウルトラセブンの紹介がお粗末すぎた。