読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宮城の勇者」 『鉄神ガンライザー』シーズン2第13話

鉄神ガンライザー

「宮城の勇者」

『鉄神ガンライザー』シーズン2第13話

2012年12月9日放送

 

舞台は遂に岩手県を離れて宮城県栗原市にある細倉鉱山へ。
ここでケンジと岳が遭遇。お互いに相手の事を見下している二人の会話は緊迫感がある。でも「狂っているようで実はまとも」な岳より「まともなようで実は狂っている」ケンジの方が実はヤバい。「羅刹の心臓目掛けてライザーキャノンをぶっ放したい」と笑顔満面で話すケンジの姿はもはや正義の味方ではなく、攻撃的な発言が多い岳もドン引きするほどであった。
 
志波姫神社でヒヒイロカネを探していた桐子は神社の宮司からヒヒイロカネで作られた真の鏡を授けられる。この鏡は今から1500年前の雄略天皇の時代に作られたらしく、2枚合わさって初めて真の力を発揮するらしい。
鏡を受け取った桐子は宮司にここから逃げるよう忠告するが、宮司はそれを無視して羅刹と対峙し、魂を奪われてしまう。シーズン1に登場した舞草神社もだったが、この作品に登場する宮司は皆決然としていてカッコ良い。
因みにこの宮司を演じたのは盛岡市出身の高橋佳代子さん。『午後は〇〇おもいッきりテレビ』のアシスタントとして有名。劇中でもそれに因んだセリフを言っている。
 
かぐらの前に現れて、自分達の仲間になれと誘うパッカー。
ここで栗原市にある伊豆沼の水が人間によって汚された事が語られる。実際、伊豆沼の水質はかなり悪いらしい。かぐらは人間は過ちを理解して伊豆沼の水質を元に戻すべく努力していると反論。力で押さえつける羅刹の仲間にはならないとリアスマリンに変身する。
パッカー相手に優勢に戦うリアスマリンだったが、そこにマヨイガーが現れて、武器無しで勝てるほど戦いは甘くはないと素手で戦うリアスマリンを嘲笑う。それを見て変身しようとするジョーであったが、リアスマリンは羅刹との決着まで力を残しておかなければいけないと忠告する。
 
そこに現れたのは栗原市の守り神クリハライザーガンマであった。
クリハライザーは2008年に起きた岩手宮城内陸地震と2011年に起きた東日本大震災で大地の均衡が崩れた事で封印が解けたヤミヤギン率いるアグダレ団と戦うと言う内容らしい。
 
『鉄神ガンライザー・シーズン2』「第13話」
公式によるシーズン2第13話の配信。

鉄神ガンライザー・シーズン2 第13話<公式>