読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

『ガメラ対大魔獣ジャイガー』(1970年公開)

ガメラ対大魔獣ジャイガー』

1970年3月21日公開

監督 湯浅憲明

脚本 高橋二三

 

ガメラシリーズ第6弾。

少年二人を活躍させる流れはこれまでと同じだが、『ガメラバイラス』と『ガメラ対ギロン』が少年二人を特殊な場所に放り込んで周りと切り離す事で少年達だけの冒険活劇としていたのに対し、本作ではその展開は終盤で小型潜水艇に乗ってガメラの体内に入るシーン以外には無く、『ガメラ対ギャオス』のように大人達がいる中に少年達が入って事態を進める展開になっている。

 

少年達が特殊な場所に放り込まれる『ガメラバイラス』『ガメラ対ギロン』より前の大人達がいる中に少年達が入り込む『ガメラ対ギャオス』の展開に戻ったがここで一つ問題が起こる。『ガメラバイラス』や『ガメラ対ギロン』の時は事件に巻き込まれているのが少年達だけなので彼らがそのまま活躍するのは分かるし、『ガメラ』の俊夫や『ガメラ対ギャオス』の英一はあの時点ではガメラと関わっている数少ない人物だったので彼らの意見が大人達に聞き入れられるのも分かる。しかし、シリーズが進んでガメラと関わる子供が多くなった中、本作の主人公である弘とトミーが大人達の中に入り込んで意見を言えるのに無理を感じる。一応、弘は姉の恋人である圭介が万博の関係者で、トミーの父親は博士だとして事件に関わるきっかけは作られているのだが対策本部に入り込むには理由が弱かった。

 

少年二人が乗り物に乗るのは『ガメラバイラス』や『ガメラ対ギロン』でもあった展開。これまでは少年達が事件に巻き込まれるきっかけとなっていたが今回はガメラ復活とジャイガー撃退方法の判明と言う事件解決のきっかけとなった。

 

ガメラ』でガメラは引っ繰り返されると自力で起き上がれないが空を飛べば空中で体勢を立て直す事が出来るとされ、『ガメラ対ギロン』では両手足に刃物を刺されたら両手足をひっこめる事が出来なくなって空を飛ぶ事が出来ないとされた。本作ではその二つを合わせて、ジャイガーの唾液固形ミサイルをガメラの両手足に刺した状態で引っ繰り返せば、ガメラはそこから起き上がる事が出来ないとされた。これ、地味にかなりの大ピンチで、近くに岩が無ければガメラはどうする事も出来なかった。

 

ドラゴンボール』でピッコロ大魔王、ベジータフリーザ、セルと敵がどんどん強くなっていった中、それとは違う得体の知れなさを持った魔人ブウが現れたように、ガメラシリーズもそれまでの分かりやすい強さを誇った怪獣達とは違う得体の知れなさを持ったジャイガーが登場。不気味な飛び姿となったエラにあるジェット噴射、まるで念力のように物体を扱うマグネチック吸盤、ガメラの体内に卵を産み付ける、とこれまでとは違った「何をしでかすのか分からない」恐怖がジャイガーにはあった。

 

本作の鍵となる石像は「祟り」と言う言葉が出た後に関わった人が次々に苦しみ出したので古代の祟りが現代に蘇ったのかと思いきや実は科学的に解明できると言う展開が面白かった。中盤で毒の話が出たので、その毒が全ての原因なのだと自分は一度納得したし、最初から話題に上っていた謎の音に関しては祟りが本当にあっての呪いの音か、そうでなければ毒による幻聴なのだろうと思っていたが、その音こそが全ての原因と言うどんでん返しには素直に「やられた!」と思った。この辺りの謎解きは実に上手かった。

 

万博開催期間に公開されたので話の舞台も万博。万博に合わせて、これまでは宇宙や未来に向けた話だったのを本作では地球の過去に向けた話へと切り替えている。また、ガメラシリーズは現実的な大人と純粋で真実を見抜く子供の対比が軸になっているが、本作ではその構図と万博のテーマである「人類の進歩と調和」を結び付け、純粋で真実を見抜く子供達こそ人類の未来としている。

ただ、スタッフの話によると万博が舞台なのは後付けらしい。上手く繋がっていたのでこれは意外だった。

 

本作は現実的な見方をするみわ子や局長と子供である弘やトミーとの関係がギスギスしているが、大村昆さん演じる父親がその間に入って上手くバランスを取っていた。