読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「マックス号応答せよ」 『ウルトラセブン』制作第4話

ウルトラセブン

「マックス号応答せよ」

ウルトラセブン』制作第4話

1967年10月22日放送(放映第4話)

脚本 山田正弘・金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 有川貞昌

 

反重力宇宙人 ゴドラ星人

身長 2m~52m

体重 120kg~4万5千t

赤い霧でマックス号を宇宙へ連れ去り、地球防衛軍の関心が外れた隙を狙って破壊工作を行った。手からリング状の光線を撃つ。変身し、相手を閉じ込めるカプセルを作り出す。ペラペラペラペラよく喋る。かなりの人数がいた。

名前の由来は「ゴンドラ(船)」からだそうだ。

 

物語

マックス号で怪事件の調査に赴いたタケナカ参謀達。一方、ダンは謎の女性に襲われてウルトラアイを盗まれてしまう。

全てはゴドラ星人の地球侵略計画の一部だったのだ!

 

感想

用意周到に計画していながら爪が甘すぎる(つーか間抜け)なゴドラ星人。しかし、見ている時はそんな事を気にせずに楽しめてしまう。これぞ娯楽作品! 『平成セブン』や『ULTRASEVEN X』はこういう部分も取り上げてほしかった。

 

前回もそうだったが今回のダンはえらく幼い。元々、ダンは少年の予定だったそうだ。でもポインターの運転をするので18歳以上でなければならないはず。18歳って少年かな…?

ダンが幼く見える分、今回のアンヌ隊員はお姉さんみたいだった。

 

極秘の割に意外と皆に知られている今回の任務。それにしてもなぜ極秘なのか?

タケナカ参謀は「我が国」の船が消失した事件と述べ、犯人を宇宙人ではなく「陰謀団」としている。ひょっとしたら、宇宙人相手ではなく人間相手を想定していたのではないだろうか。それは色々と揉めそうだから極秘なのは当然と言える。

 

ウルトラシリーズでも珍しい海上戦力マックス号。なぜ他のシリーズにはあまり無いのだろうか?

 

宇宙に連れ去られたマックス号。タケナカ参謀達以外は抵抗したので宇宙に放り投げられたと言うが、じゃあ、タケナカ参謀達だけずっと気付かないで、他の一般隊員は先に気付いて戦っていたと言うのか? それよりは人質に必要な者だけ残して後は始末したと言う方が理解できるのだが…。

 

第6感でフルハシ隊員が変だと言う事に気付いたダン。第6感て…。もっと他に根拠は無いのか?

 

ロケットでマックス号の危機を伝えに向かったアマギ隊員。ウルトラ警備隊の中で一番ひ弱そうに見えるが無事に地球防衛軍基地に辿り着いた。

 

ダンを閉じ込めたカプセルは中からの攻撃は全てすり抜けてしまうが外からの衝撃には弱かった。

 

ウルトラセブンもゴドラ星人に負けず劣らず喋る喋る。殆ど喋らなかったウルトラマンとは違う。

ウルトラマンは人間とは別格な存在の為、人間ドラマにあまり入り込めずに締め出されてしまっていた。その反省からか、ウルトラセブンは人間と同じ大きさになって他の隊員とも普通に話せる人間と同格の存在とされた。(常に巨大なウルトラマンは本編には出られないが、ウルトラセブンは人間大になれば本編にも出られる)

 

ウルトラセブンによってマックス号から救出されたタケナカ参謀達だったが、口が開いている状態で宇宙に出ても良いのか? それともあのヘルメットは科特隊のように見えない膜か何かに覆われているのか?

 

本作は有川監督のウルトラシリーズ最終作。

有川監督は円谷英二監督の後を継いで東宝の二代目特技監督に就任している。監督作品の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』は有川監督が円谷英二監督の後を継いだ事を祝って、ゴジラにも息子を作ろうと言う事からアイディアが生まれたらしい。