読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「ダーク・ゾーン」 『ウルトラセブン』制作第3話

ウルトラセブン

「ダーク・ゾーン」

ウルトラセブン』制作第3話

1967年11月5日放送(放映第6話)

脚本 若槻文三

監督 満田かずほ

特殊技術 有川貞昌

 

放浪宇宙人 ペガッサ星人

身長 2m

体重 120kg

地球がペガッサ市と衝突する場合に備えて高性能の爆弾を地球に持ち込んでいた。ダーク・ゾーンと呼ばれる闇の中に隠れている。地球が軌道を変えられない事を知って地球を爆破しようとしたがウルトラセブンに妨害された。携帯銃を持つがアイスラッガーで撃ち落とされた。今も地球上の闇の中に潜んでいるらしい。

名前の由来は「ペガサス」から。そう言えばデザインが馬に似ている。

 

物語

アンヌ隊員の部屋に怪しい影が…。一方、地球防衛軍は宇宙から謎の電波を受け取る。ダンとアンヌ隊員は影の人物と次第に打ち解けていくが…。

 

感想

ウルトラホーク2号で宇宙の調査から帰って来たダン達。ちょっとした調査でも宇宙にまで行かなければならないとは大変だ。宇宙ステーションは何をしているんだ?

 

アンヌ隊員の部屋公開。人形等が置いてあって、ちょっと少女趣味。

それにしても一応はウルトラ警備隊の隊員でしょ? 怖がりすぎ。

 

地球人が怖くて信用できないと言うペガッサ星人は今までの宇宙人とは違っていた。

また、ペガッサ星人は地球人だって立派な宇宙人だと言っている。地球人も同じ宇宙の仲間なのだ。

それは地球人だけが特別な存在ではない事を意味している。地球人だけが善で他の宇宙人が悪と言うわけではない。地球人はただ宇宙人に襲われるだけの存在ではなく、逆に地球人が他の宇宙人を襲う事だって…。

 

ペガッサ星人は発声器を使っている。後の宇宙人が日本語ペラペラなのも発声器のおかげか?

 

地球の軌道も変えられない地球人はペガッサ星人から見ると野蛮人なのだそうだ。一方で地球人はペガッサ市を破壊できた。地球人は何かを壊す技術だけは発達していたのだ。このテーマは「超兵器R1号」に繋がっていく。

 

何故ペガッサ市からの答えが無かったのか?

地球の軌道も変えられない地球人にペガッサ市は破壊できないと思っていたのだろう。それに地球に潜入したペガッサ星人が地球を爆破する予定だったし。それとも動力炉が故障したので既に全員窒息死していたのかもしれない。

 

ペガッサ星人達を地球に誘導する事を栄光ある任務と言ったが、それが出来なくなり、地球が生き残る為にやむなくペガッサ星人達を見殺しにする事になったキリヤマ隊長。これ以降もキリヤマ隊長は数々の苦難を受ける事になる。

 

地球人もペガッサ星人も生き残る為に仕方無く相手の星を爆破する事にした。ただ地球にはウルトラセブンがいて、ペガッサ市にはいなかった。ウルトラセブンの存在が生き残る者と滅びる者を分けてしまった。

 

ペガッサ星人は地球人の科学も我々に近付いてきていると語っていた。ペガッサ星人は地球人の未来の姿だったのかもしれない。

 

ラストシーンでダンとアンヌ隊員はペガッサ星人にもう一度会いたいと語っていたが、ペガッサ星人はダンとアンヌ隊員にもう一度会いたいだろうか?

 

今回のウルトラセブンは等身大のまま活躍している。

ウルトラマンとの差別化が一番上手くいったのはこの部分かもしれない。