読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「海から現れた戦士」 『鉄神ガンライザー』シーズン2第2話

「海から現れた戦士」

『鉄神ガンライザー』シーズン2第2話

2012年9月16日放送

 

戦いが終わって自分が手に入れた力に思わず笑いが止まらなくなる岳。
岳はパッカーの話に乗って結の家から封印の巻物を盗むと、それを破って羅刹を復活させたのだった。こうしてパッカーやオダーズが再び現世に現れたのだった。
羅刹は封印を解いた岳に約束通り力を与えてマヨイガーに変化させる。
マヨイガーは変身しても自我は残っていて、自在に元の姿に戻れると妙に親切設定。
羅刹は「選ばれし者よ、その力をどう使うかはお前次第だ」とそれは悪役じゃなくて勇者に向かって言う内容だ!とツッコみたくなるセリフを吐く。ここは中二病気質がある岳の心を上手く動かしたと言える。
尚、元が人間だからか、マヨイガーに変身しても鏡には岳の姿が写っている。
 
焼石岳を演じるは高橋洋さん。
ガンライザーシリーズに出演する人は演技やセリフがかなり危なっかしいところがあるのだが、彼は初登場から安定した演技を見せてくれて、かなりの難キャラである焼石岳も安心して見られるようにしてくれた。
 
寿司屋に行くジョー達。
この店の大将はチャラ男達と同じくこの後何度か登場する名物モブの一人となる。
 
同じ寿司屋にやって来たケンジはイカを注文するがあいにく売り切れ。それを聞いたケンジは「俺は! 寿司屋で最初に頼むのはイカと決めているんだ!」と謎の力説。イカ釣り漁船の電球が無くなったのが原因と聞くと「まさかカッパか!?」と仮面ライダーもビックリな即断定までし、パッカー相手に「俺にイカを食わせろ!」と啖呵を切り、遂には結にドン引きされる始末。
シーズン1ではケンジは基本的にシリアスキャラだったのだが、その独特の喋り方がギャグにマッチしている事が判明したシーンであった。
 
戦いの勘もだいぶ戻って来たのか、今回のガンライザーはオダーズとパッカー相手に優勢に戦いを進める。しかし、羅刹から鬼光弾の使い方を授かったマヨイガーがそこに参戦。鬼光弾を放つマヨイガーであったがガンライザーに避けられ、外れた鬼光弾は山王岩を破壊。すると、そこに新たな戦士が現れる。
「水の力を身に纏い、蒼い海を誰よりも愛す。水の精リアスマリン。岩手の自然は私が守る!」。
リアスマリンはそのまま体術でマヨイガーを圧倒するのであった。
 
このリアスマリンこそがシーズン1から度々触れられていた謎の人物の正体。
名乗り口上にもあったが目的が「岩手の自然を守る」なので、今はまだガンライザー側に付くか羅刹側に付くか決めかねているらしい。今回マヨイガーを攻撃したのはあくまでマヨイガーが岩手の自然を破壊したから。
名前は岩手県も含まれている三陸海岸の「リアス式海岸」に由来している。
 
『鉄神ガンライザー・シーズン2』「第1話&第2話」
公式配信では初めてダイジェスト版ではなくて一話フルでの配信となっている。