読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「闇をさまよう者」 『鉄神ガンライザー』シーズン2第1話

鉄神ガンライザー

「闇をさまよう者」

『鉄神ガンライザー』シーズン2第1話

2012年9月9日放送

 

2012年4月に終了したシーズン1から4か月後の2012年9月から放送が始まったシーズン2。
 
新キャラの焼石岳(やけいし・がく)はインターネットに悪口を描き、部屋に金属バットを用意していると典型的な引きこもりキャラとして描写されている。
名前は岩手県にある「焼石岳(やけいしだけ)」に由来している。
 
インターネットを介してパッカーがパソコン画面から立体映像として登場。これはぼっこがスマホから登場するのと同じ技らしい。
パッカーはシーズン1の最終回で羅刹が封印された事で現世から消えていた。と言う事はぼっこやパッカーが言っていた「あっちの世界」「暗闇の世界」はインターネットの世界とどこかで繋がっていると考えられる。対極のイメージがある物の怪の世界と電子の世界が同一と言うのが面白い。
 
顔の見えないインターネットで悪口を書き、実際に誰かが来たら金属バットで返り討ちにしようとしている岳の攻撃性の理由をパッカーは「力を持たないから」と見抜き、自分に協力したら特別な力を与えると持ちかける。
「あっちの世界」で人間は信用できないと改めて思ったらしく、今回のパッカーはシーズン1に比べて攻撃的になっている。
 
今回の主な舞台は宮古市
東日本大震災で大きな被害を受けた街で劇中でもそれに関する言及がある。
 
大学を留年して就職活動も先延ばしにしたジョーだが、羅刹を倒した後は授業にもあまり出なくなって遊んでばかりで就職活動もちゃんとしていないらしい。燃え尽き症候群と言うやつであろうか?
 
今回のパッカーの悪戯は岩手中のラーメンとスパゲッティをソバに変えると言うもの。
シーズン1の最終回で心を入れ替えたと思われたが、「あっちの世界」で人間は物の怪に自分達の考えを押し付けていると悟ったらしい。
 
久し振りに変身する事になったジョー
「赤い炎を身に纏い、鉄の拳で悪を討つ! 鉄神ガンライザー! 岩手の平和は俺が守る!」。
授業も就職活動もサボり気味だったのに決め台詞は考えていたのか…。
しかし、しばらく戦っていなかったので体がなまっていたらしく、パッカーやオダーズ相手にも手間取ってしまう。
 
そこに新キャラ・グズメ鬼マヨイガーが登場。
パッカーの事を「パッカーさん」と言っていながらパッカーの言う事は聞かない。
パッカーの見立てではまだガンライザーに勝てないらしいが、実際に勝負をするとジョーが戦いの勘を忘れていた事もあってなかなか善戦。しかし、どのようにしてトドメを刺すのかを次に会う時までに考えようと言う事で途中で退却してしまう。
全体的にカッコつけた自分に酔っているところがあって、なかなかに中二病
マヨイガーの名前は柳田國男の『遠野物語』に出てくる「迷い家」に由来している。
 
その頃、ケンジも宮古市に。
実はぼっこはケンジと連絡を取り合っていた。相変わらずの秘密主義だな。
ケンジとぼっこの会話で「あいつ」がどちらに付くか迷っている事が語られる。