読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「さらばウルトラマン」 『ウルトラマン』制作第39話

ウルトラマン

「さらばウルトラマン -宇宙恐竜ゼットン登場-」

ウルトラマン』制作第39話

1967年4月9日放送(放映第39話)

脚本 金城哲夫

監督 円谷一

特殊技術 高野宏一

 

変身怪人 ゼットン星人

身長 2m

体重 60kg

遥か宇宙の彼方から大船団を率いて地球を襲来した。1930年代から40年間かけて地球を偵察していたらしい。イワモト博士に変身して科特隊基地を内部から破壊するもマルス133によって倒された。

劇中では単に「宇宙人」と呼ばれていた。ケムール人の着ぐるみを利用している。

 

宇宙恐竜 ゼットン

身長 60m

体重 3万t

ウルトラマン』最強怪獣。ゼットン星人の大型円盤の中に格納されていた。赤い光弾や火の玉を撃ち、テレポーテーションと光波バリアーでウルトラマンを翻弄する。ウルトラマンのキャッチリングや八つ裂き光輪を破り、スペシウム光線も吸収し、逆に波状光線でカラータイマーを破壊してウルトラマンを倒してしまった。科特隊基地を破壊するもイワモト博士の新兵器で倒された。

肩書きは宇宙恐竜だがロボット又はサイボーグ怪獣だと思われる。名前の由来はアルファベットの最後の文字「Z」と五十音の最後の文字「ん」から。

 

ゾフィ

身長 45m

体重 4万5千t

光の国からの使いでM78星雲の宇宙警備隊員。ウルトラマンの仲間で迎えにやって来た。2つ持って来た命の1つをハヤタ隊員に与える。

名前の由来はフィロソフィー(哲学)かららしい。因みにゾフィーと呼ばれるようになるのは『ウルトラマンZOFFY』から。

 

物語

謎の宇宙船団が地球に襲来。さらに科特隊基地に宇宙人が侵入して破壊活動を行う。そして最強怪獣ゼットンが出現。最大の危機にウルトラマンが立ち向かうが…!?

 

感想

最大のスケールで展開する『ウルトラマン』最終回。やはり、キチンと最終回がある方が良い。『ウルトラQ』は終わった気がしなかったもんな。

 

今回は1930年から40年経っていると言う設定なので「怪獣殿下」と同じく放映当時が舞台。その為か防衛軍ではなく自衛隊が出ている。

 

むやみに攻撃してはならないと言うムラマツキャップ。ウルトラ警備隊に…。

 

ヤラレ役のイメージがあった航空自衛隊は最終的に全滅するも円盤を何機か落とす活躍を見せる。

それにしても科特隊は強い。わずか3機で敵を全滅させるとは。最初は調査主体であった科特隊がどんどん攻撃主体に変わっていく。(ムラマツキャップにより過剰な攻撃はしなかったが) この流れを見るとウルトラ警備隊以降は防衛軍の1セクションとなったのは自然な成り行きだったと言える。

 

やはり危機管理がなっていない科特隊基地。遂に破壊されてしまう。ウルトラシリーズで侵入された事が無い基地は無いのか?

 

イワモト博士は科特隊の通信機を持っていたのね、さすが。

 

何故ゼットン星人はケムール人の着ぐるみをそのまま使ったのか?

以前にも書いたが、ケムール人は地球の未来の影の部分を象徴している。それを科特隊(人間)が倒す事で、地球が平和な光に満ちた星、つまりウルトラマンの故郷・光の国になる事を示したのだと思う。

 

最終回だからか、かなり久し振りにカラータイマーの説明ナレーションを聞ける。

 

ゼットンに敗れたウルトラマンは過去の戦いを回想する。対ジラース戦と対ガボラ戦が選ばれているが、何を基準に選ばれたのだろうか? 個人的には対バルタン星人戦を入れてほしかった。

 

イワモト博士の新兵器に敗れたゼットン

ゼットンを対ウルトラマン用の兵器だと考えると、ゼットンにはウルトラマンに関するデータがインプットされていたのであらゆる技に対処出来て弱点のカラータイマーを破壊する事が出来た。しかし、昨日完成したばかりの新兵器に関するデータは無く、対処出来ずに倒されたと言う事だろう。

 

途中、全身真っ黒なゼットンが出るが、これは何?

 

ウルトラマンをも倒したゼットンを倒した科特隊。

様々なところで言われているが、これから先の地球の平和をウルトラマンではなく科特隊(人間)の手で守り抜いていく事を示している。

 

光の国からの使い、M78星雲の宇宙警備隊員ゾフィ登場。やはりウルトラマンには仲間がいた。

ハヤタ隊員が新たな命を与えられた事で、ウルトラマンが地球に留まる理由が無くなった。

ところでゾフィは赤い玉を作り出した。やはり赤い玉は宇宙船ではなくウルトラマンの能力の一つと考えて良かろう。

 

「命を2つ持って来た」ってアンタ…と突っ込みたくなるが、『ウルトラマン』はSFと言うよりファンタジーと言った方が良いので、まぁOKかなと…。この辺り、やはりウルトラマンは神なのだろうか?

 

命を2つ持って来たのなら、さっさとハヤタ隊員に与えろよと言いたくなるが、ウルトラマンは2万歳。人間の寿命を80歳前後だとすると、ウルトラマンと人間の寿命の関係は人間とセミの成虫みたいなものとなる。いくら自分が命を2つ持っていてもセミに与える気はしない。おそらくゾフィも最初はそうだったと思う。しかし、ウルトラマンはそれをすると言った。そこでゾフィはハヤタ隊員に命を与える事にしたのだろう。

そう考えるとゾフィは冷たい奴と思うかもしれないが、やがてゾフィも人間と関わっていくなかで、ウルトラマンと同じ行動をとっていくようになる。

 

かつてウルトラマンはハヤタ隊員に自分の命を与えて一心同体になった。

そして今回、ゾフィは2つ持って来た命の1つをハヤタ隊員に与えた。

姿形が全く違う存在でも命は同じと言う事。

 

「地球の平和は人間の手で掴みとってこそ価値があるものだ」と語るゾフィ。

おそらくゾフィは自分達の強大な能力をあまり使いたくなかったのだろう。良い結果になったとしても、強大な能力を使って他の星に干渉したら、それは支配と変わらないからだ。ただし、ウルトラマンが地球に留まろうとした理由は、もっと単純な、仲間(友達)を守りたいと言う気持ちであった。

 

ウルトラマンと分離した事で、ウルトラマンと一心同体であった時の記憶を失ったハヤタ隊員。『ウルトラマン』と言う夢が終わり、再び現実が始まると言う意味だろうか…?

ただしこの時に『ウルトラマン』を忘れる事が出来なかった人が大勢いた。また、去って行くウルトラマンに向かって科特隊と子供達が「さようなら」と言うが、「さようなら」と言えなかった人も大勢いた。

そして、そんな人達によって、この先もウルトラシリーズが次々と作られていく。

当然、自分もその1人である。