読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「宇宙船救助命令」 『ウルトラマン』制作第38話

ウルトラマン

「宇宙船救助命令 ーサイゴ キーラ登場ー」

ウルトラマン』制作第38話

1967年4月2日放送(放映第38話)

脚本 上原正三

監督 円谷一

特殊技術 有川貞昌

 

砂地獄怪獣 サイゴ

身長 45m

体重 4万t

Q星に棲む怪獣。口から砂煙を吐く。キーラと戦うも苦戦を強いられ、その後、スペースタンクのミサイル攻撃で倒される。それほど弱い怪獣とは思えないので、やはり科特隊が強いのか?

名前の由来は「サイ」と「最後」から? サイゴもキーラも劇中では未呼称。

 

光熱怪獣 キーラ

身長 40m

体重 2万t

同じくQ星に棲む怪獣。目を閉じる事で光を溜め、強烈な光で相手の目を潰す。八つ裂き光輪を跳ね返し、スペシウム光線にも耐える強豪だったが、ウルトラサイコキネシスに敗れた。

名前の由来はキラー(殺し屋)と目が「キラキラ」しているから?

 

物語

プロスペクター計画中、謎の光で宇宙ステーションV2との連絡が取れなくなってしまい、科特隊は宇宙船救助命令を受ける。

 

感想

「科特隊宇宙へ」に続いて宇宙へ出動する科特隊。

実は『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』以外のウルトラシリーズで地球以外の星が舞台になるのは意外と少なく、昭和のウルトラシリーズでは『ウルトラセブン』と『ウルトラマン80』でそれぞれ1回か2回ある程度。因みにウルトラシリーズ全体で一番多かった作品は『ウルトラマンダイナ』で10回前後ある。さすがはネオフロンティア時代。

 

宇宙船シラトリやスペースタンク等、宇宙用の装備を次々と繰り出す科特隊。今回はちゃんと宇宙服も着ている。宇宙ステーションV2やプロスペクター計画による太陽系開発等、『ウルトラマン』では珍しく本格的に宇宙に目を向けた話であった。どうやら、この時点で既に『ウルトラセブン』の下地が作られていたようだ。

 

スパイダーショットの約10倍の威力を持つニードルS80。ただしQXガンと同じくインパクトが弱かった。

 

ムラマツキャップは武器を振り回しに行くのではなく救助に行くのだと言っている。しつこいようだが、ウルトラ警備隊に聞かせたい。

 

今回はいつにも増してサブリーダーとしてのハヤタ隊員が強調されている。危機に陥った時にムラマツキャップから全幅の信頼を得ていた。

 

今回は地球以外の星が舞台で新兵器が次々と出るのが「科特隊宇宙へ」、時間制限付きの救出作戦が「海底科学基地」、キーラの能力とアラシ隊員の戦いが「射つな! アラシ」と過去の話を思い出させる部分が多かった。細かいところだが「大爆発5分前」や「今日の英雄」等、『ウルトラマン』を見続けていたら思わずニヤリとするセリフも多々ある。やはり最終回間近だからか?

 

有川監督は『ウルトラマン』では前回と今回の2本のみの登板。スケジュール調整だろうか?

上原さんが『ウルトラマン』で単独クレジットされたのは本作のみ。ちょっと意外。