shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「力、一つに」 『鉄神ガンライザー』第26話

「力、一つに」

『鉄神ガンライザー』第26話

2012年4月22日放送

 

シーズン1の最終回。
 
パッカーが撒いた爆薬に羅刹の雷電撃破が引火して岩手のあちこちで爆発が起き、非常事態宣言が敷かれる事に。異常事態を知らせるTVのニュースや逃げる人々等、まさか本作でここまで規模の大きい被害が描かれるとは思わなかった。エキストラの人々がメッチャ笑顔で逃げているので危機感よりほのぼの感が出てしまっているのは気にするなw
落雷が爆発を引き起こすのでどこに逃げても駄目と言うのは結構怖い。
 
羅刹がいる盛岡城跡公園に向かう結とケンジ。そこには復活した鬼刃もいた。そしてそこにジョーとかぐらとチャグマオー改とハチマンタイラーとオオガマックスも合流して遂に最終決戦が始まる!
いや、戦力的にオオガマックスは来ても意味無いだろう…(汗
かぐらの技が相変わらずキレッキレでカッコイイ!
地元から離れたら力を発揮できない設定なのに単独で鬼刃を倒せるチャグマオー改はやはり強い。
 
ガンライザーに対抗して巨大な棍棒を持ち出す羅刹。
ジョーはかつて自分が言われた「信念」について羅刹を問いただす。
羅刹は自分の信念を「鬼と物の怪が闊歩する世界を取り戻す事」と言うが、ジョーはそれを「本当は復讐と支配が目的」だと反論。それを言われた羅刹は「今の世界を壊して、新しい世界の王になる事」が本当の目的だと明かす。それに対してジョーは自分の信念を「岩手の平和は俺が守る」事だと言い、最初から羅刹を封印するつもりは無く、自分を道連れに羅刹を倒そうとする。
 
が、それをオオガマックスに阻止され、皆の力を信じろと悟られる。
そしてジョーは多くの人がガンライザーを応援しているのを見る。
良かった…。オオガマックスが最終決戦に参戦した意味があって良かった…。
 
多くの人々がガンライザーを応援しているのを見たケンジはガンライザーにパワーを送ってくれと皆に頼む。
ここでチャグマオー改はパワーの送り方を知らなかったのにハチマンタイラーは知っていたので、戦闘力はチャグマオー改が上だが知識に関してはハチマンタイラーの方が上だと言う事が分かる。ここは両者を上手く立てていると思う。
豪鉄剣に使われているヒヒイロカネは生きた金属と言われていて、人間の生体エネルギーを取り込む事が出来る。簡単に言えば『ドラゴンボール』の元気玉で、バトル作品クライマックスの王道展開と言える。
 
それを阻止しようと羅刹は子供達を殺そうとするが、そこにパッカーが自分を盾にして子供達を守る。
そして結の呪文で羅刹の動きが止められる中、ガンライザーは皆の生体エネルギーを得た豪鉄剣で羅刹を斬り、力尽きた羅刹は遂に結によって巻物に封印されるのだった。
 
羅刹が封印された事でパッカーは消滅し、オダーズも普通のキュウリに戻る。
そして三ツ石神社で羅刹を封印したさんさ踊りが行われ、ぼっこもあちらの世界に戻る事に。あちらの世界と言うのは羅刹やパッカーが言っていた暗闇の世界の事なんだろうな。
ジョー達に協力して羅刹達と戦っていたぼっこだが最後に「この世界は物の怪には住みづらい」と言い残して消滅している。ぼっこの本音はパッカーと同じだったのかな…。
やはり科学文明と鬼や物の怪は共存できないのか?
今は羅刹封印を喜ぶ事にしたジョー達。ところが三ツ石神社に納められた羅刹を封印した巻物が…。
 
『鉄神ガンライザー』「シーズン1(全26話)ダイジェスト」
シーズン1のダイジェスト。


鉄神ガンライザー・シーズン1(全26話)ダイジェスト<公式> - YouTube

 

『鉄神ガンライザー』「ぼっこメモリアル」

ぼっこ紹介を通して、シーズン1で残された謎を拾い上げていく。

 
鉄神ガンライザー「ぼっこメモリアル」<公式>