読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「小さな英雄」 『ウルトラマン』制作第37話

ウルトラマン

「小さな英雄 -怪獣酋長ジェロニモン登場-」

ウルトラマン』制作第37話

1967年3月26日放送(放映第37話)

脚本 金城哲夫

監督 満田かずほ

特殊技術 有川貞昌

 

酋長怪獣 ジェロニモン

身長 40m

体重 3万t

死んだ怪獣を蘇らせる力を持つ怪獣の酋長。おそらく『ウルトラマン』における怪獣の頂点に立つ存在。尻尾の羽を念力で飛ばしたり、口から無重力ガスを吐く等、多彩な能力を持つ。イデ隊員のスパーク8で倒された。

名前の由来はインディアンの酋長「ジェロニモ」から。

 

彗星怪獣 ドラコ(再生)

身長 45m

体重 2万t

手のカマが指に変わり、羽が無くなり、頭の形も変わっている。再生が不完全だったのか? ピグモンを殺すもスパーク8で倒された。

 

地底怪獣 テレスドン(再生)

身長 60m

体重 12万t

こちらは再生が完璧だったようだ、と思ったらトリプルショットであっさりと倒された。かつてはナパーム弾にも耐えたのに…。なんか弱くなっていない?

 

友好珍獣 ピグモン(再生)

身長 1m

体重 10kg

ジェロニモンに復活させられるも怪獣総攻撃の事を科特隊に知らせる。イデ隊員を助けようとしてドラコに殺されてしまった。後に科特隊特別隊員の称号を贈られる。

ところで身長1mに対して体重が10kgと言うのは軽過ぎではないだろうか?

 

物語

突然現れたピグモンが怪獣総攻撃の事を告げる。

一方、イデ隊員はある事で悩んでいた。それは「ウルトラマンさえいれば科特隊は必要無いのでは?」…。

 

感想

最終回に向けて『ウルトラマン』と言う作品世界そのものを問い直す話が続出。今回はウルトラマンと科特隊(人間)の関係についての話。

 

あまりにも人間とかけ離れた存在の為、神と同一視されたウルトラマン。最後に神が助けてくれるのなら人間の努力はあまり意味を成さないのでは? イデ隊員がそう考えるのも無理は無かった。その話にハヤタ隊員はもちつもたれつと言ったが、それはハヤタ隊員がウルトラマンと一心同体である為、ウルトラマンは神のようなかけ離れた存在ではなく同じ宇宙に住む仲間と認識できたからだ。

因みに『ウルトラセブン』ではこの問題を回避する為、ウルトラセブンを人間からかけ離れた存在ではなく、ウルトラ警備隊7番目の隊員、つまり同じ宇宙に住む仲間としている。

 

ウルトラマン』序盤でイデ隊員は「ハヤタ隊員がウルトラマンでは?」と疑っていた。結局のところ、どうなったか分からないが、イデ隊員はまだその疑いを持ち続けていたと考えられる。何故なら、イデ隊員はウルトラマンと科特隊の関係についての悩みをハヤタ隊員にしか打ち明けていないのだ。ひょっとしたら、ウルトラマン本人に向かって悩みを打ち明けていたのかもしれない。

 

ピグモンの協力もあって解読された怪獣語。ピグモン以外に使えるか分からないが、人間と怪獣が共存できるかもと思わせる。

 

世界中から60匹以上の怪獣が集結すると言う怪獣総攻撃。世界中と言っているので日本支部以外が倒した怪獣も含まれるのだろう。因みに宇宙人や怪人、ヒドラやウー等を除いて、日本支部とウルトラマンが倒した怪獣はこの時点で32体であった。

 

脚本ではレッドキングゴモラが登場予定だったが着ぐるみの関係で変更になったらしい。レッドキングゴモラはぜひとも見たかった。ピグモンは再びレッドキングに殺されていたのだろうなぁ…。

 

何故かピグモンを知っている子供。科特隊は今までに出会った怪獣を公表しているのだろうか?

こんなに怪獣が現れて街がメチャクチャになっても怪獣のオモチャはあるのだな。

 

ハヤタ隊員は「ウルトラマンは我々人間が力一杯戦った時にだけ力を貸してくれるんだ」と言っている。この精神が『帰ってきたウルトラマン』以降に与えた影響は大きい。

 

本作は満田監督の『ウルトラマン』最終作。