読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu38の特撮・ヒーロー日記

ウルトラマン、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「悪夢の始まり」 『鉄神ガンライザー』第24話

「悪夢の始まり」

『鉄神ガンライザー』第24話

2012年4月8日放送

 

かぐらと手合せするジョー。遂にジョーはかぐらと互角に手合わせ出来るだけの強さになっていた。
そして第19話でジョーが密かにかぐらと会っていた理由が明らかに。ジョーは自分達や羅刹達の事情を知っているかぐらの正体を気にしていたのだ。しかし、かぐらの答えは「時が来たら話す」であった。
 
ジョーのガンライザーが偽ガンライザーに勝てたのは舞草刀の切れ味と現代の南部鉄器職人の技が合わさった豪鉄剣のおかげと言うケンジに対し、結はジョーの気持ちが勝利を引き寄せたのではと反論。それにケンジは科学の力は不要なのかと激昂する。
こうして見ると、一応行動は共にしているんだけど、結とケンジの基本的な物の見方はとことん噛み合っていない。
 
羅刹はパッカーとオダーズにある種を街中に撒いて岩手を緑で覆えと命令する。嬉々として種を撒くパッカーの前にジョーが通りがかって戦う事に。挑戦するパッカーに向かって「やめとけ。お前はもう俺の敵じゃない」と告げるジョー。あのジョーがこんな事を言えるほどに強くなるとは…。
ジョウロの水を浴びたパッカー相手にも余裕のガンライザー。パッカーは偽ガンライザーが使っていた蕨手刀を出すが、豪鉄剣を使うガンライザーには敵わなかった。
ジョーは目を覚まして羅刹と手を切れと言うが、パッカーは自分達を暗闇の世界から救い出してくれた羅刹なら今のヘンテコな岩手も元通りにしてくれると訴える。
 
その戦いの一部始終を見ていたかぐら。
ジョーは強くなったが今のガンライザーではまだ勝てないと分析。この前は封印まであと一歩だったと反論するジョーに対し、羅刹はまだ鬼光弾しか使っていないはずと告げる。そして「あの程度の技なら私にも出来るわ」となんと生身の状態で鬼光弾を使うのであった!
今までガンライザーの成長を基準に描かれていた強さの段階が一挙に崩壊した場面で初見の時はかなり驚いた。