読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ38番目の弟

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊、鉄神ガンライザー、ゴジラ、ガメラ、アメコミ映画と色々な事を書いていくブログです。

「発動! もう一つのモノリス!」 『仮面ライダーゴースト』第8話

仮面ライダーゴースト

「発動! もう一つのモノリス!」

仮面ライダーゴースト』第8話

2015年11月19日放送

脚本 福田卓郎

監督 柴崎貴行

インセクト眼魔 巨大インセクト眼魔 登場

 

前回の続き。

アランは眼魔を使って新たな眼魂を生み出す一方、眼魔眼魂を使って人間を操って新たなモノリスを作ろうとしている。

西園寺のやり方を非難しながらも一応は協力関係にあり、マコトとは隠し事をしながらもその一方で親友と言っているところを見るに目的の為に利用できる人間は利用している感じかな。

 

西園寺はその話を信じるならタケルの父と研究を続けていたが後に決別し、今はアランと協力関係となって眼魂を生み出そうとしている。タケルやマコトと同じく眼魂を15個集めようとしているので、こちらも目的は何かの復活かもしれない。

 

マコトはだいぶ謎が解けていて、最初は普通の人間だったがタケルの父と西園寺の研究の結果でモノリスを通って眼魔の世界に飛ばされた模様。そこで妹は眼魂になり、マコトはスペクターとなった。目的は眼魂を15個集めて妹を復活させる事。

アランとの出会いはまだ不明だが、おそらくは眼魔の世界で会ったのだと推測される。では、マコトはアランが人間でないと知って付き合っている事になるが、タケルも仙人が普通の人間ではないと知って付き合っているので、それと似たようなものかもしれない。

 

最初は15個の眼魂を1話1個ずつ集めていくのかと思っていたが、タケル、マコト、西園寺と3人がそれぞれ集める事で、3人×5個で15個揃う展開となった。なるほど、これなら1クールで15個が揃う。この調子だと年末で大きな決戦があって、そこで15個の眼魂が集まりそうだ。

 

実に役に立つクモランタン。他のゴーストガジェットを見ても思うが、これを使いこなせたらアカリや御成がいなくてもタケル一人で話を進められそう。

それをアカリ達に持たせる事でアカリ達にも活躍の場を与えているのだが、それとは別にアカリはゴースト関連を科学的に説明しようと奮闘しているので、ひょっとしたら、これらゴーストガジェットを分析する事でアカリがゴースト関連の謎を解く事になるかもしれない。たとえばアカリが仙人の力を借りて不知火を開発するエピソードがあったが、不知火の開発エピソードを外して最初からクモランタンを出しても話に支障は無い。そこをあえてアカリが不知火を開発すると言う事は、いずれ不知火と同じくゴーストや眼魔の姿を暴く事が出来るクモランタンの仕組みを解明すると言う展開への布石なのではないかなと自分は見ているのだが…。